台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

茶器の町―鶯歌  

今日は茶器の町として知られる鶯歌(Yingge、イングー*)についてご紹介します。
* 中国語の発音をカタカナで書くと「ピングー」の「ングー」に似てますが、
「グー」と「ゴー」と「ガー」の中間のような感じ?です。(「ゲー」ではないです。)
鶯歌

台北市から列車で約30分で行けるので、台北リピータの方や茶壷などの茶器好きな方は訪れてみてはいかがでしょう。台北車站(台北駅)からは約30分に一本の間隔で「鶯歌」方面へ向かうローカル列車が出ています。(急行や特急は停まらないので注意してください。列車時刻の調べ方はページ下方参照。)

台北―鶯歌 片道31元(約100円)
鶯歌

鶯歌駅は小さな駅ですが、国内外の観光客を意識してか、駅舎には陶磁器ショップもあり、とても清潔感のある駅です。
鶯歌

鶯歌

駅から歩いて5分程度で老街と呼ばれる観光エリアに到着します。主に尖山埔路と重慶街に陶磁器のショップが林立しています。尖山埔路は道の両サイドがヤシの並木になっていて、南国っぽい雰囲気です。週末には台湾人も多数訪れるので、ゆっくり茶壷や茶杯などの買い物をしたい場合は、日程の余裕があれば平日の方がいいかも知れません。

▼尖山埔路
鶯歌
▼尖山埔路
鶯歌
▼重慶街
鶯歌
▼重慶街
鶯歌

茶壷、茶杯などの茶器なら台北市内で買うより、2~3割は安いそうです。日本の価格と比べたら…言うまでもないでしょう。

本格的な茶壷茶器セットを揃えたい!という方、ローカルな旅をしてみたい方、鶯歌へハーフデイトリップ(半日遊)はいかが?

スタッフZ

以下に鶯歌関連情報をご紹介します!参考になさってください!

●鶯歌への行き方
鶯歌ing 鶯歌
http://taiwaning.zening.info/yingge/
鶯歌を謳歌~鶯歌・三峡(藤十郎南洋通信)
http://d.hatena.ne.jp/ciaoqoo/20090315/

●鶯歌という地名の由来
台湾旅行-台北県-観光スポット-鶯歌
http://www.taiwantravelmap.com/jp/album/picnevin.php?id=50&addr=3&kind=1

●その他
鶯歌へ半日旅(つれづれなるままに台湾暮らし )
http://tsuredure-taiwan.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_7d5e.html
台湾: 鶯歌-觀瓷の茶盤(実茶芸館ー日常茶(ちゃ)飯事)
http://blog.minochage.com/?eid=45 

●台湾の列車の時刻表の調べ方
以下の台湾鉄路管理局のウェブサイトで調べることができます。
http://service.tra.gov.tw/tw/index.aspx
鶯歌

駅名は西部幹線のまま、ドロップダウンメニューから「100-台北站」と「105-鶯歌站」を選択。
指定という項目で、「出発時間」、「到着時間」、「現時点から直近の5本分(の出発電車)」を選択。
車種ですが、鶯歌には急行等(「自強号」「莒光号」)は停車しないので、チェックを外し。
その下の「直通のみ」をチェックすれば直通のみが検索対象に。
すべての項目を選択したら、「査●」(●は「言+旬」)をクリックすれば、OK。
鶯歌

ただし、ちょっと時間がかかります。また、IE以外だと正常に動作しないようです。

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tag: 茶壷  茶器  鶯歌 
tb: 0   cm: 0

プロ仕様だけど入門者にもGoodな茶器セット  

今回は茶壷(急須)と茶杯(茶碗)のセットをご紹介します。

その名も「国際標準評鑑組」といい、台湾茶の品評会などで使用されているものです。
といっても、フタ付きの(小さめ)マグカップと日本サイズの湯呑み茶碗がセットになったものです。
国際標準評鑑組

このマグカップは、茶壷というよりも蓋碗(蓋つき茶碗)と言った方がいいかもしれませんが、
持ち手の反対側に刻みが付いていて、急須のように使えます。茶杯も大きめで注ぎやすいです。
国際標準評鑑組

一般的な茶壷よりも中がよく見えるので、茶葉の開き加減や茶水の色が見やすく、
しかも茶葉が詰まることもなく、茶葉の入れ替えも簡単です!

蓋碗も中はよく見えますが、注ぎなれてないと、蓋碗が熱くて持てなかったり、
茶水をこぼしてしまったりしてしまいます。

ですから、この茶器セット、台湾茶初心者にぴったりなんです。

もちろん台湾茶の品評会やテイスティングで使われているものなので、
プロのニーズにも十分応えた機能を備えています。
(同時にいくつもの茶を淹れられるように、こんな風に茶杯の上に茶壷をのせられます。)
国際標準評鑑組

今回は当店の鹿谷凍頂茶を淹れてみました。
国際標準評鑑組

淹れ方は基本的に茶壷や蓋碗と同様ですが、今回はパッケージに書かれている淹れ方で、淹れてみます。
国際標準評鑑組

1) マグカップと茶杯を温める。
2) マグカップに茶葉3グラムをいれ、沸騰したお湯を注ぐ。
3) 蓋をして6分おく。
4) 茶杯に注ぐ。

茶葉の鑑定のための淹れ方のため、普通より浸出時間が長くなっています。お好みで茶葉の量や浸出時間は調整してください。

▼ 茶葉はこのくらい
国際標準評鑑組

▼ お湯を入れて30秒後
国際標準評鑑組

▼ お湯を入れて6分後
国際標準評鑑組

茶碗が真っ白なので、鹿谷凍頂茶独特の淡いグリーンが映えます。
国際標準評鑑組

長順名茶オリジナルなので、マスコットの茶仙子とキャッチフレーズが印刷されています。(これがないものをお探しの方、大きめのスーパーなどで売ってるようです。。。)

当店でもこのセットでお茶を淹れてますので、使い勝手を試したい方、お気軽に声をおかけてくださいませ。

スタッフZ

●国際標準評鑑組(蓋つきマグカップと茶碗のセット)
200台湾ドル
国際標準評鑑組

category: 商品紹介―茶器

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tag: 台湾茶  茶壷  茶杯 
tb: 0   cm: 0

鶯歌茶壷作家の茶壷あります  

こんにちは、今日は皆既日食なのにあいにくの天気ですね。

さて、当店には台湾産のお茶のほかに、台湾屈指の陶芸の町「鶯歌」の
茶壷作家の作品も多数そろえております。

茶壷

といっても鑑賞用の芸術作品というよりは、デイリーに使っていただきたい
シンプルな茶壷をメインに、遊び心をプラスした茶器セットなどもあります。

茶壷

軽さや蓋の密閉度、手になじむフォルムなど、茶壷作家による手作りの茶壷は、
手に取っていただければきっとその良さを実感していただけると思います。

茶壷

日本でも台湾茶を扱っているショップでは、彼らの作品が販売されていますが、
(輸送コスト等のため)それなりのお値段になってしまいます。
当店なら日本価格の2/3から半額でお求めいただけます。
もちろん、壊れないように厳重に梱包いたしますのでご安心ください。

茶壷

是非、お気に入りの茶壷を探しに長順名茶永康店へおいでください。

鶯歌作家の茶壷価格(日本での表記)
林國順(林国順)1500台湾ドル~
林國賢(林国賢)1500台湾ドル~
陳兪宏(陳愈宏)2000台湾ドル~
陳兪壯(陳愈壮)2000台湾ドル~
陳録堯      2600台湾ドル~
※ 手作り作品のため、写真掲載品がすでに売り切れている場合もございますが、あしからずご了承願います。

◎ 長順名茶永康店 ◎ 
http://www.kozancha.com

category: 商品紹介―茶器

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tag: 茶壷  茶器  鶯歌 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter