台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

日経おとなのOFF 2019年4月号「台湾」、買ってみた!  

こんばんは、スタッフZです。

さて、先日拙ブログでもちょっとご紹介した日経おとなのOFF 2019年4月号「台湾」、
買ってみました!



「おとながはまる台湾」ってキャッチもあるくらいなので、
どんな内容かなぁ~と思いまして…

ananやFRaUなどの台湾特集とは違って、
可愛くてカラフルなショップやスィーツ・お土産などの紹介は少なく、
歴史建築散歩とか歴史建築をリノベした宿泊施設、龍山寺の神様一人ずつの紹介など、
セピアカラーの写真が紙面を埋めちゃうような大人向けの内容になってると思います。

それと、スタッフZが大好きな”熱炒”と呼ばれる海鮮居酒屋でのオーダー方法などが、
結構詳しく載ってるあたりが大人をターゲットにしてる感あります!

また、約150ページの雑誌の3分の2近くが台湾関連の記事なので満足感もあります!

ただ、大人といえど、LCCの活用は訴求ポイントみたいで、
ちゃんと1泊3日のLCC一人旅を提案する記事もありますよ。

台湾のガイドブックってちょっと年齢層が合わないと思っていた方、
日経おとなのOFFの台湾特集、いかがでしょう。

以上、スタッフZでした。

日経おとなのOFF おとながはまる 台湾(2019年4月号)


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

category: 台湾本情報

tb: 0   cm: 0

台湾女子の私的行きつけリスト、買ってみた!  

こんばんは、スタッフZです。

さて、もうすぐゴールデンウィークですね~
しかーし、10連休なんてだいぶ後になってから知ったものですから、当然エアチケットとかも超高額となって買えず、しかたないので、日本でのんび~り過ごすことにしました(←負け惜しみ^^;)

で、のんび~りのお供に、先週末大型書店に行ってガイドブックを買い漁ってきました!

今日ご紹介するのは、「台湾女子の私的行きつけリスト」ってタイトルの本。

こちら、台湾女子ってタイトルに冠してるくらいですから、書いているのは当然、台湾人女性のアイリーン・クオさん。
ちょっと読んだところ、旅行好き、ナチュラル好き、美しいもの好きな台南出身の30代女性で、現在はご主人とともに台北でカフェを共同経営されているブロガーの方のようです。

ブログを通して、旅行先のタイや日本、アメリカやヨーロッパ、台湾などの素敵なものや美しいものを紹介されていて、ブログをキッカケにタイのガイドブックを書いたり、この本を書いたりする機会に恵まれたようです。



そんな彼女が「行きつけ」のリストですから、メジャーなガイドブックに載ってるような有名店はほとんどなく、知る人ぞ知るようなお店が厳選されているようです。

なかには紹介必須みたいなお店(もちろん住所などの記載なし)があって、彼女にインスタで連絡を取って、紹介してもらわないといけないようなお店情報も!

ちょっと初めての方には向いてないガイドブックかもしれませんが、リピーターの大人女子には受けそうな気がします^^;



ここで、掲載店情報はここに載せちゃいけないとは思いますが、一店だけお許しを!

実はこの本に掲載されている天然無添加石鹸の店「大春煉皂」が、今週末東京で開催される台湾イベント「台湾ライフマーケット」で販売されるそうです。
なんという偶然!こういう偶然な出来事ってなぜか嬉しくなります。

ということで、今週末は「台湾ライフマーケット」に出没しているかもしれないスタッフZでした。

台湾女子の私的行きつけリスト


blog: https://blogir123456789.com/
instagram: https://www.instagram.com/ir123456789/

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

category: 台湾本情報

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

台北日帰り弾丸旅食べまくり!買ってみた  

こんばんは、スタッフZ です。

今日はさっぶいですねー🌨️
東京は雪こそ降りませんでしたが、冷たい雨の一日でした。

さて、久しぶりに台湾ネタ本を買ってみました。

タイトルは、「台北日帰り弾丸旅食べまくり!1年12回」。

さすがにスタッフZも日帰り台湾旅はした事ありません。一泊台北とか一泊香港、一泊ソウルは経験済みなので、次は日帰りチャレンジしようかなーと思って、アマゾンで買っちゃいました。



感想は、食欲旺盛なリピーターさん向けB級グルメ紹介って感じかなと。(B 級だけじゃないですが。)

滞在時間12時間位の間に6軒位でものを食べるスケジュールなので、最近食欲不振な私には二泊三日でやっと回れるかなぁって感じです。

ただ、日帰り、つまりLCC 利用が基本だから、その利用方法が詳しく書いてあったり、移動に時間をかけずにすむように、効率的に回れるようなルートが書いてあったりと、食欲旺盛なリピーターが短期集中で美味しいものを食べまくるには、良いガイドブックだと思います!



ちなみに可愛い小物などのお土産情報やリーズナブルなホテル情報など、食べ物以外の情報はほぼ皆無です。あと、日帰りなので、私の大好きな熱炒店情報もあまりないです。
(食べ物のお土産情報はあります。)

本自体は厚すぎず、日帰り旅に持って行きやすそうです。

これからの世の中、日帰りで台湾やアジアの国に行くのが普通になるんでしょうかね?とにかく私にとっては、LCC万歳です。

以上、スタッフZ でした。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

category: 台湾本情報

tb: 0   cm: 2

GW向け?台湾特集雑誌が目白押し  

こんばんはー、スタッフZです。

さて、昨日通勤途中にホームの売店で目にとまった台湾の文字!よく見たら、日経おとなのOFF って雑誌の最新号でした。



日経でしかもおとな向け雑誌での台湾特集、若い女性向け雑誌の台湾特集にちょっと食傷気味なスタッフZも気になります!

アマゾンで調べたら、ここ最近発売の台湾特集の雑誌、結構ありましたので、ご紹介します。

◼️日経おとなのOFF 2019年 4 月号

◼️POPEYE(ポパイ) 2019年 4月号 [台湾のシティボーイたちと作った台湾シティガイド]

◼️クロワッサン 2019年3/25号No.993 [元気になる、満たされる。台湾]

◼️Hanako(ハナコ) 2019年 4月号 No.1170 [やっぱり私は、お茶が好き。]

◼️ESSE(エッセ) 2019年 03 月号

ポパイまで台湾!この目白押し感、GWの10連休に向けてるんですかね。

以上、スタッフZでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

-- 続きを読む --

category: 台湾本情報

tb: 0   cm: 2

ちょっと脱線 ブルータスの台湾特集の表紙着せ替えツール使った?  

こんばんは、スタッフZです。

台南旅行レポの途中ですが、今何かと話題になっている雑誌「ブルータス」の台湾特集の表紙について。

7月15日に発売された「ブルータス」8月1日号の特集は「101 things to do in 台湾 / 台湾で見る、買う、食べる、101のこと。」と題して、『台湾の最新情報から定番まで、カルチャー、ショップ、フードをめぐる101のコラム』が結構なページ数で掲載されています。

このブルータスの表紙に選ばれたのが、「台南市中西區國華街三段」周辺のストリート。

両脇に赤背景に白文字(もしくは逆)のド派手な看板が並ぶ商店街のような通りで、バイクに乗ってる人あり、Tシャツ短パンゴム草履という台南の正装ともいえるスタイルで歩いている子供あり、台湾でよく見かける風景の一枚なのであります。

その写真が全台湾を表すかっていわれたらそうじゃないけど、結構インパクトはあるし台湾らしくていい写真だと思います。

ところが台湾ではこの写真よりももっと素敵な台湾があるということで議論になってるそうですよ。

≫ 台湾はもっとステキ? 「ブルータス」表紙、現地で議論(朝日新聞デジタル)

そして、この記事にある好きな写真で表紙を作れるツールがこれ。
↓↓↓↓↓
台灣街景封面產生器 http://twstreet.spotlights.news/

操作方法はいたって簡単。

1) 「請按此上傳圖片」って書いてあるところをクリックするとファイルを選べるので、自分の好きな画像を選びます。

2) その文章の下にある5個のサムネイルは文字の色が選べるのでいずれかをクリックします。

3)  しばらくすると自分の選んだ画像が表紙の背景になるので、その下の白いバーに緑の●のところで画像の拡大率を選びます。

4) 「下載圖片」をクリックすると生成された画像がダウンロードされます。

ただ、もしかしたらあまりにも利用されすぎちゃってか、私も台南の写真でやってみたんですが思った通りのロゴが選べないんです^^;

BRUTUS台湾

で、この表紙のことばかり話題になってますけど、この台湾特集、内容的にも充実してるし、何より男性向け雑誌でここまでページ数を割いた台湾特集は珍しいのではないかなと思います。男性目線のセレクトだけあって、女性誌には載ってないようなショップも掲載されていますし…

ということで、一応雑誌なので店頭販売期間は短いですから、気になる方はお早めに~
(今はWEB版もありますし、大型書店ではバックナンバーコーナーにある場合もあります。)

以上、スタッフZでした。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾本情報

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter