台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

【永康街情報】小腹の足しにもガッツリ派にも大満足な朱記餡餅粥 永康店  

こんばんは、スタッフZです。

さて、先月台北に行った時、永康街をふらふらしてたら、私の知らないお店が結構できてたのでぽつぽつご紹介していきます!

この「朱記餡餅粥」は新光三越デパートの南西店などにも入っている中国北方料理のチェーン店です!
北方料理レストランってのは、簡単に言うと餃子とか葱油餅とかのような粉モン系が多い店です。

かつて中国の北部は気候の関係で、米よりも小麦栽培が盛んだったから粉モン料理が多いんです。
(じゃ、大阪はなんで粉モン多いのかな?)

ただ、永康街に来る日本人の方って、大半が鼎泰豊を目的に来る方が多いので、あまり北方料理レストランに足が向く方はいないかもしれませんが…

場所は、信義路から見たら当店の1本奥の路地沿いにあります。(ベトナム料理の「誠記」のある通りです。)

IMG_5031.jpg

店内はチェーン店らしく、小ざっぱり小ぎれいです。
そして、木曜日の夕方だというのに9割ぐらいはお客さんが入ってます。(オール地元っぽかったです。)
なので、店内写真はなしです^^;

私達が頼んだのは、小米粥と菜肉餛飩麵(刀削)、小菜3品です。

IMG_5028.jpg

で、小菜はできてるおかずをガラスケースから持ってくるだけだから早いのは分かるけど、小米粥もおかずを持ってきた途端にやってきました!早い!

小米粥は雑穀のお粥なのですが、スープとかじゃなく軽い塩味だけの味付け(つまり日本のお粥みたいな味)です。
この小米粥、ネットとか見るとお砂糖を入れてデザート的に食べたりするらしいです。が、今回は普通におかずとともに食べました。

意外にあっさりしてて美味しいのと、出てくるのが早いのがいいです!

私が頼んだ菜肉餛飩麵、麺を刀削にしてもらったのが、誤算でした^^;
時間がかかるのと、モチモチ麺は食べるのに時間がかかる!
(実はその2時間半後の飛行機で帰宅しなければならなかったので、ちょっと焦ってました。)

IMG_5029.jpg

でも、味はスープはあっさり、麺はモチモチ、ワンタンは餡たっぷりで、食べ応え十分で美味しかったです!

テイクアウトもしてるので、永康街付近のホテルに滞在されている方は夜食とか買ってもいいんじゃないかなと思います。

IMG_5033.jpg

メニューにはボリュームありそうな牛肉餡餅やチャーハンなどもあるし、食欲無かったら小米粥とおかずって利用方法もある便利なレストランのご紹介でした。(おひとりさまのお客さんもいました。)

以上、スタッフZがお届けしました。

朱記餡餅粥 永康店
台北市大安區永康街6巷10號
TEL:02-3322-2156
営業時間:11:00-21:30、無休
公式サイト:http://www.zhuji.com.tw/
旅々台北さんの本店紹介記事
台北ナビさんの本店紹介記事

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

【永康街情報】抹茶スイーツ専門店「Matcha One」に行ってみた!  

こんばんは、スタッフZです。

さて、先月永康街エリアにできた抹茶スイーツ専門店のご紹介をしました。
 >行ってみたい!永康街の抹茶カフェ「Matcha One」

で、行ってみました、Matcha One!

IMG_20170921_183159.jpg

ちょっとどこにあるか分かりにくいですが、永康街の方から歩いていくと、こんな角度で見えますのでご容赦を。
(白い「Matcha One」の目印にしてください。)

東門駅から歩くとやはり15分位は歩きます。
なので、暑い時期にはご注意ください。

IMG_20170921_182726.jpg

訪問したのは、ド平日(木曜日)の午後4時頃だったので、結構広い店内はガラガラでした。(台湾人グループが2組。)

コンクリートの打ちっぱなし風の壁の無機質さ、黒を基調にしたテーブルとイスというモダンなインテリアの中で供されるのは、鮮やかな緑色の抹茶スイーツ!インスタ映え間違えないって感じです^^;

その時の私のお腹はホテルブッフェでごまんと朝ごはん食べて満腹のまま昼食抜きの状態でした。
なので、いざ宇治金時と思ったのですが、ちょっと宇治金時は入らなそうだったので、抹茶ソフト入り抹茶シェイク(抹霜冰沙、180元)にしました。

IMG_20170921_180026.jpg

お味は、ソフトクリームも抹茶シェイクも抹茶フレーバーが程よく効いてて美味しかったです。

が、その時のレートが1元3.8円ぐらいだったので1杯約680円。
わざわざ台湾で食べなくてもいいかなぁ~って感じ。

ただ、大の抹茶好きの方はお試しする価値があるかも。
(私は味オンチなので、京都和束のおぶぶ茶苑の味がどんななのか分からなかった^^;)

また、これからの季節はこのお店のお薦めメニュー「抹茶ミルクレープ」(抹茶千層、195元)を試してみるのもいいかも。


(Instagramより引用)

この界隈、ちょっとおしゃれっぽいお店もあったりして、時間があったら散策したかったです。

以上、スタッフZでした。

■ Matcha One
台北市大安區永康街75巷16號
TEL:02-2351-0811
営業時間:12:30~21:30(ラストオーダー21:00)、無休
公式Facebook
※忠孝復興站そばにも支店(忠孝店Facebook)があります。
※店内で食べる場合、最低消費150元以上、滞在時間90分以内になります。
※店内に入ると左手にカウンターがあり、そこでオーダーとお会計して、席についてください。
※テイクアウト可能なメニューもあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

2泊3日ちょっとリッチな台北の旅7、何気に入ったデザート屋さんでしたがお味はGood!  

こんばんは、スタッフZです。

さて、初日、マンダリンオリエンタル台北で飲茶した後、農安街の方に行く用がありました。
その後、晴光市場をぶらつこうかなと思ったところに目に入ったのがこの看板!

IMG_5007.jpg

年季の入ったおじさんの似顔絵とそれに似つかわしくなく新しそうで綺麗な外観に惹かれて、かき氷食べることにしました^^;

IMG_5006.jpg

中にもしっかりおじさんの似顔絵が飾ってあります。

店名は、「拾豆·味 阿公的話」。
ちょっとデザート屋さんにしては渋い名前です。

IMG_5004.jpg

Since1951って書いてあるし、きっと歴史があるお店なんだろうな~と思いつつ、スタッフは若いお兄ちゃん二人だったので、その辺の由来を聞くのはやめて、すぐにかき氷を注文しました!

一人、果物が苦手な友達がいたので、マンゴーかき氷(芒果雪花冰150元)とあずきミルクかき氷(紅豆牛奶雪花冰85元)を頼みました。

IMG_5003.jpg

IMG_5002.jpg

マンゴーも美味しかったけど、あずきミルクかき氷が想像以上に美味しかった!
あずきの甘さがくどくなく、ミルクかき氷のミルキーさとすごくマッチしてました。

この場でメンバーが一人加わったので、4人で2個食べたんですが、ちょっと少なかったかも^^;
ただ、夕食の熱炒のために我慢しました!

IMG_5005.jpg

伝票が挟んであった「氷」のカードフォルダーが可愛い!

で、帰国してFacebookをチェックしたら、おじさんの似顔絵の意味がわかりました。

1951年、延平北路の当時「大老婆街」と呼ばれていた伊寧街で16歳の鄭天來という少年が開店したのが「三義號」というかき氷や果物を売るデザート屋さん。当時は冷蔵庫もエアコンもなく、氷を保存することが困難な時代でしたが、鄭さんは苦労して輸入品の冷蔵庫を手に入れ、氷の保存問題を解決。その後、時代の進歩によって冷蔵問題で頭を抱えなくてよくなった頃、今度は「青草茶」の改良に着手。鄭さんは「青草茶」の青臭さや苦みがもともと嫌いだったのですが、長年の研究で青臭さや苦みを抑え、少し甘みを加えることで、いままでの「青草茶」の概念を覆すさわやかな健康ドリンクを開発し、それがヒット商品になったそう。

この鄭天來さんが「阿公」で似顔絵の方。
今はこの方のお孫さん達がお店を切り盛りしているそうです。
この店舗自体は2017年5月にオープンです。

公式Facebookを見ると、今でも鄭天來さんが元気にパイナップルの皮を剥いている動画を見ることができます。
似顔絵がご本人そっくりでちょっと笑えます。

ということで、農安街方面に来ることがあったら、この「拾豆·味 阿公的話」、思い出してくださいね。

以上、スタッフZでした。

PS 次回は青草茶、飲んでみます^^;

拾豆·味 阿公的話
台北市中山區農安街8-5號
TEL:02-2592-7286
営業時間:11:00-22:00(臨時休業もあるので行く前に公式Facebookをチェックしてください。)
公式Facebook

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

2泊3日ちょっとリッチな台北の旅6、初日のブランチは中山駅そばのオシャレめカフェで!  

おはようございます!スタッフZです。
連休中日の日曜日、いかがお過ごしでしょう。

さて、今日は台北訪問初日にブランチしたお店の紹介です。

私は今回ピーチエアで羽田から行ったので朝8:30頃には桃園空港についちゃってたんです。友人達はJALで来るので松山空港到着が午前11時半ですから、一人でブランチに行こうと計画していました。

オークラプレステージ台北のある中山駅周辺のオシャレにブランチができるスポットをネットでいろいろ探したところ、ここに辿り着きました。

URBAN SELECT、カフェも運営する雑貨屋さんです。

IMG_4946.jpg

1階はスマホグッズやMIT(Made in Taiwan)の文具やエコバッグなどの雑貨を販売するエリアで、ケーキやクッキーのショーケースやレジカウンターがあります。

このレジカウンターでお会計して、2階の喫茶コーナーでいただきます。

IMG_4945.jpg

2階には喫茶コーナーの外、ミニサボテンやキャンドルなどちょっとしたオシャレ小物も置いてあります。

IMG_4944.jpg

IMG_4943.jpg

今回、私が頼んだのはエッグベネディクト(粉紅夢幻煙燻鮭魚班尼迪克)。
さてどんなお味でしょう?

IMG_4942.jpg

卵はもちろんトロットロの仕上がり!
卵の上のソースが変わってて、フルーツみたいに甘いソースでした。
それはそれで美味しいのですが、もう少しパンチが効いててもいいかなと思っていたところ…

そうだ!ここ、塩、コショーは自分で持ってこなきゃいけなかったんです!

お料理をサーブするのはお店の人がやってくれるのですが、
「半自助式」という、フォークなどのカトラリーやお水などは自分でカウンターから持ってくる方式の店なんです。(塩、胡椒も!)

お皿の右側のガラスのグラスの手前はドレッシング、奥はオレンジジュースかと思ったらカボチャのスムージーみたいなもの。
オレンジジュースかと思った私には、ちょっと嬉しいな誤算でした^^;

これにコーヒーか紅茶のドリンク付きで360元
ホテルの朝食に比べれば安いし、雰囲気もまあまあなのでいいかなと思いますが…

そんなに広い店ではないけど、結構台湾人のお客さんが沢山いて、しかも皆さん、朝から口角泡を飛ばしておしゃべりしてるので、うるさいのが苦手な人にはお勧めできません。

ただ、トイレも綺麗でしたし、カフェメニューもインスタ映えするものが多いし、場所も中山北路のロイヤル台北の向かい側をちょっと入ったところにあって便利なので、覚えていて損はないお店だと思います。

以上、スタッフZがお届けしました。

URBAN SELECT(アーバン セレクト)
台北市中山北路二段20巷15號
TEL:02-2567-0909
営業時間:9:00~21:30(金、土~22:00)、無休
※エッグベネディクトは9時から15時までの提供。
※最低消費は一人1ドリンク。滞在は2時間まで。
※私が行ったのは平日10時頃だったので、特に並ぶこともなく、座れました。
公式サイト
公式Facebook
台湾の方の紹介ブログ(お店の雰囲気がよく分かります。)

PS この店の外に小さな水路があるのですが、それが店内まで続いていて、そこにメダカか金魚か分からない小魚がいっぱい泳いでいるんです!思わず動画撮っちゃいました^^; (↓これは静止画、しかもずいぶん拡大してます。)

IMG_4937.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

2泊3日ちょっとリッチな台北の旅4、超人気中華「人和園雲南菜」で大満足  

こんばんは、スタッフZです。

さて、二日目ランチは三二行館でイタリアンだったので、夜は中華料理にしようと思って選んだ店がここ。
「人和園雲南菜」という、雲南料理のレストランです。

なんで台湾で(中国の)雲南料理にしたかって言われると、この夕食の時は台湾人の友人も参加するので、台湾料理じゃない方がいいかなと思ったのと、FB友達の友人が2週間前にここに来て美味しそうな写真をアップしてたので選びました!

オーナーの奥様は雲南省出身とのことですが、雲南の味をそのまま出しているのではなく、台湾人に受けるようにアレンジされているそう。台湾人のみならず日本人にも大人気で、予約必須との前情報だったので、もちろん予約して行きました。

そして午後7時に店に行くと、すでに私達のテーブル以外は満席でした。さすが人気店!

IMG_20170920_200634 (編集済み)

今回はちゃんとリサーチしていたので、台湾人の友達に食べたいものを伝え、それにプラスアルファしてもらう形でオーダーしました。

IMG_20170920_201848 (編集済み)

まずオーダー必須の定番メニュー、エンドウ豆のスープ。

これ1ポーションがこのお椀1つなので、少人数の時に助かります。

上品な出汁の中のプチプチしたお豆たち。
ほんのり優しいエンドウの甘さに癒されました。

この豆はこんな鞘に入ってるのよ~って、わざわざ持ってきてくれます。
(それがこの店の売りの一つらしい。)

IMG_20170920_202306 (編集済み)

そして、我々のド定番、タケノコのサラダ(冷筍)!
マヨネーズは台湾のと日本のと両方持ってきてくれましたが、台湾のがやっぱり美味い!

IMG_20170920_202514 (編集済み)

クラゲの前菜。
クラゲはそれほど高級じゃないけど、この和え物っぽい作り方がさっぱりしてて美味しかった!

IMG_20170920_202709 (編集済み)

牛肉とマコモの炒め物。
マコモがシャキシャキ、牛肉は柔らかくて歯触りがいい上に味付けが美味い!
生のマコモも持ってきてくれました。

IMG_20170920_202734 (編集済み)

これがFB友達の写真で私を虜にしたエリンギの揚げ物?
どうやって作るか教えてほしいほど、美味しかった。
ビールとの相性、サイコーです!

IMG_20170920_204439 (編集済み)

ジャガイモの揚げ焼き。
香ばしくカリカリしてて美味しい!
これもビールに最高です!

IMG_20170920_205023 (編集済み)

エンドウ、スープ飲んだけど、炒め物も食べたくなって追加しちゃいました。
あっさり淡白な味だけど、滋味あふれる~~って感じ。

IMG_20170920_205402 (編集済み)

ササゲ豆とエビの揚げ炒め。
さやいんげんのもっと長いみたいなのをくるりと輪っかにしてその周りにエビのすり身を巻いて揚げてから炒めたもの。
ちょっと日本のさつま揚げチック。
これも味付けがよかったです!

IMG_20170920_210137 (編集済み)

これはイカと漬物の炒めもの。
イカが小さくてイカっていうより豚ひき肉と漬物の炒め物って感じだけど、これご飯のおかずにピッタリ。
でも、私達はライスは頼まずに雲南料理といえばこれっていう「過橋麺」を頼みました。

IMG_20170920_210845 (編集済み)

この「過橋麺」、生の薄切り豚肉を熱いスープの中でしゃぶしゃぶし、煮えたところに麺を投入して食べる麺なのですが、とりあえず1人前分だけ我々の前でパフォーマンスしてくれて、その他はキッチンで調理してくれたのをサーブしてくれました。

IMG_20170920_211414 (編集済み)

これもあっさりさっぱりしているのでいくらでも行けそうです。
で、さっきの漬物の炒め物をこの麺に投入すると、味わいが変わって、もう1杯お代わりしたくなりました^^;
(ちなみにこの時は1人前を二人で分けました。)

店内には日本人のサラリーマンのグループが結構いて、なんで人気なのかなぁと思ったんですが、まず中華料理にしてはあっさりした味付けなのと、八角などがあまり使われていないメニューが多いっていうのが大きいかな。また、店内も豪華ではないけど小ぎれいだし、料理の素材を見せてくれたりと、旅人の心を掴むのが上手だなと思いました。

お値段は普通の中華レストランよりもちょい高め、6人で2600元位でした。

以上、スタッフZがお届けしました。

人和園雲南菜
台北市錦州街16號
TEL:02-2536-4459
営業時間:11:30-14:00/17:30-21:00、無休
台北ナビさんの紹介ページ

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter