台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

金門島二泊三日の旅1、金門島ってどこ?  

こんばんは、スタッフZです。

今日から何回かに渡って10月に訪れた金門島の旅についてご紹介します!

まず金門島ってどこって方も多いと思いますので、簡単に説明しますと…



こちら台北から金門島に渡る時に乗った立榮航空の機内誌から拝借した地図です。

この地図の左上にある三角形の大地は中国大陸ですが、この三角形の海岸線の下の方、若干肌色に塗られている辺りに金門島はあります。つまり台湾本土からは遠く海を隔て、中国大陸の先端にチョコンとある感じです。

大まかな位置関係の次は、もう少しズームインしてみます。
下記は台湾観光協会で配布している地図を拡大したものです。



「金門」って書いてある四国っぽい形の島の上に薄い紫のラインがありますが、そのラインより上が中華人民共和国のアモイ(廈門)市でラインより下が台湾の金門縣です。金門縣にはいくつかの島がありますが、金門って書いてある島が一般的に金門島って呼ばれているところです。

以前地図だけを見て、「ずいぶん大陸に近いなぁ~。危なくないのかなぁ~。」的な感想しか持たなかった私ですが、金門島に行ってその歴史の深さと複雑さを知り、非常に感銘を受けました。

私もうろ覚えなのであんまり詳しくは説明できませんが、私が驚いたのは、こんな僻地でありながら、科挙の合格者を多く輩出していることです。(その頃は台湾と中国は分かれていませんでした。)

科挙と言えば、合格すれば身分にかかわらず朝廷から重用してもらえる国家試験で、多くの文学作品や映画などにも登場するので、ご存知の方も多いと思いますが、こんな狭い島でなぜこんなに多くの合格者が生まれたかというと、資源の少ないこの地で将来の繁栄をもたらすのは子孫への教育と金門人は考えたからだそうです。

また、科挙の合格者も多く輩出していますが、東南アジアに出稼ぎにでて立身出世した金門人も数多く、彼らは蓄えた資産で故郷の金門島に学校を作ったり、立派な洋館を建てたり、果ては村まで作った方もいたそうで、その建造物たちが台湾本島とはまた違った趣を与えてくれるのも金門島の特長です。

そして、日本統治時代、その管轄からは外れていたので日本建築の影響が少なく、また、中国伝統建築である四合院形式の建物が各地に残されているので、何度も台湾に通ってる私にとっても、とても新鮮でした。

これ以上、私の浅い知識ではまとめきれなくなってしまったので、もっと詳しく知りたい方はWikipedia金門県をご覧くださーい^^;

以上、スタッフZがお届けしました。

PS 科挙合格者が多い事、金門島観光の目玉の一つになるみたいです。

科挙合格者多数輩出の金門、「進士アベニュー」を整備へ/台湾(exciteニュース)

≪その他の金門島の記事≫
金門島二泊三日の旅10 金門島の守護神「風獅爺」はフォトジェニック!?
金門島二泊三日の旅9 金門島での滞在は四合院形式のレトロ民宿!
金門島二泊三日の旅8 三日目の観光ポイント
金門島二泊三日の旅7 二日目夕食は金門島のもう一つの地元有名店!
金門島二泊三日の旅6 二日目の観光ポイント後半
金門島二泊三日の旅5 二日目の観光ポイント前半
金門島二泊三日の旅4 一日目夕食は激ウマの海鮮料理!
金門島二泊三日の旅3 一日目の観光ポイント
金門島二泊三日の旅2 ピーチエアのドタキャンで大わらわで金門島へ

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

台湾DVDを見るためにリージョンフリーDVDプレーヤー購入しました!  

こんばんは、スタッフZです。

金門島ツアーの記事をアップしたいと思いつつ早くも12月!!!
今年が終わらないうちに頑張ります!

で、金門島ツアーの記事がなかなか書けなかった理由は、金門島から台北に戻った日の夜、金門島に同行した台湾朋友のPさんが是非見て欲しいと、一旦家に帰りわざわざDVD店に行って買ってきて、永康店まで持ってきてくれた「軍中楽園」のDVDを見れてなかったからなのです^^;



最近はスマートフォンで台湾の音楽やドラマを気軽に触れられるので、わざわざパソコンを起動していろんな設定をして見るということがなかったスタッフZ。いただいたDVDも設定するのが面倒と思ってずっと保留にしておりました。

が、前回ブログを書いた日に意を決してDVDを見ようと思ったのですが、Windows98のPCではいくら頑張ってもモザイク入りの画像と字幕なしではほぼ聞き取れない音声のみしか聞けなくて諦めたのでした。(最新の動画再生ソフトを使えば見られたのかもしれないのですが、DVD再生に使っているのはWin98機でして最新ソフトをインストールするのがはばかられたので^^;)

で、その日の夜いろいろ考えた結果、最終的にリージョンフリーのDVDプレーヤーを買うことにしたんです。

ただ、あんまり高額な投資はこの日進月歩に技術革新が進む時代にはもったいないかなぁと思い、これを選びました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
オリジナル日本語マニュアル付 Panasonic パナソニック リージョンフリー DVD player DVD-S700 PAL/NTSC対応・リージョンフリー済・電圧世界対応 HDMIケーブルセット 並行輸入品


このパナソニックのDVD-S700というモデル、並行輸入品なので、いくつかの会社で販売しているんですが、この会社ではオリジナルの日本語のマニュアルがついているっていうのと、口コミのコメントが評判がよかったので選びました。
(AMAZONでももう少し安い価格で販売されているんですが、マニュアルがついていないのと、ちゃんと再生できないというようなコメントが多数あったので、上記の会社にしました。)

外箱はこんな感じ。



そして、本体を上に置くとこんな感じ。本体は実に軽くて拍子抜けします^^;



以下は英語マニュアルと日本語マニュアル。



日本語マニュアルの中。



DVDの外になんと今は死語になってしまったVCDも見られるって書いてあります(*´▽`*)
私、VCD沢山持っているので見られる機器が入手できてマンモスうれぴー!(←ボキャブラリーが古くてすみません。)

ということで、無事リージョンフリーDVDプレーヤーを入手して、「軍中楽園」見れました!!!
日本語マニュアル付いてるけど、別になくてもDVD挿入したらすぐに見れました。

しかーし、この映画の中国語、結構ハードルが高かった!
最近は現代のラブコメ系ドラマしか見てないので、多分半分くらいしか理解できてないなぁ~

ただ、金門島で訪れた場所の多くが実際のロケ現場だったからか、妙に映画の中の登場人物が身近に感じられましたし、感情移入してしまいました!!!

ということで、次回からは金門島ツアーをお届けします!

以上、スタッフZでした。

【 オリジナル日本語マニュアル付 Panasonic パナソニック リージョンフリー DVD player DVD-S700 PAL/NTSC対応・リージョンフリー済・電圧世界対応 HDMIケーブルセット 並行輸入品 】

PS このDVDプレイヤー、リージョンフリーであると同時に、NTSC/PAL双方に対応しています。NTSCは日本のテレビに対応した方式で、PALはヨーロッパとかの方式、輸入品だとこういうことにも注意しないといけません。(参考:Wikipedia世界の放送方式

PS2 あと電圧も100Vから240Vまで対応してます。日本の電圧は100V、日本以外で100ボルトの国ってマダガスカルしかなかったような???なんで日本だけ100Vなんだろう???

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 華流芸能人

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter