台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

三泊四日台南の旅4 二日目の観光プラン  

こんばんは、スタッフZです。
ここ最近東京は涼しくて楽ですね~

さて、6月の台南の旅レポの続きに戻ります。

二日目は丸一日台南に滞在なので、安平エリアの観光しました。

まずはタクシーで安平樹屋まで行きました。

この安平樹屋は、政治家で書道家の朱玖瑩氏の記念館(朱玖瑩先生書法展覧 (朱玖瑩故居))とイギリスの貿易会社だった「徳記洋行」の洋館の奥にあって、その手前に3館共通の入場券の販売ブースがあります。

なので、下の立派な木の門は朱玖瑩先生書法展覧 (朱玖瑩故居)の門です。

安平樹屋

この門をくぐると、この涼しげな石碑があるのですが…

安平樹屋

その日も台南はめっちゃ暑くて、記念館にも入ったけど、涼を求める観光客でごった返してて写真はなし^^;
その建物の右手を建物に沿って回り込むと、庭が広がってて、左手奥に安平樹屋がありました。
(この二人の奥の暗がりです。)

安平樹屋

で、安平樹屋が見えたところで、なんと昨日食べたソフトクリーム屋さん「蜷尾家甘味處」の喫茶店があって、なんとも後ろ髪惹かれたんですが、とりあえず安平樹屋を見てくることにしました。

安平樹屋

写真ではまったく迫力が分からないけど、建物は痕跡しかとどめてないほどにガジュマルの樹で覆われています。さすがに観光地だけあってしっかりした階段や渡り廊下で内部を覗き込めるようになってます。ここをめぐるだけで、樹木の圧倒的なパワーをいただいたような気になりました。

安平樹屋

安平樹屋

順路通りだと下記の徳記洋行を見て、出口から出るのですが、ここは一度戻って、蜷尾家甘味處で休憩しました!

安平樹屋

この蜷尾家甘味處、なかなか素敵なインテリアのカフェでしたが、暑くて写真とるの忘れてました^^; 
ソフトクリームだけの場合、カフェ内では買えません。(つまり店外のベンチで食べてねってこと。)
カフェメニューは一人最低1オーダーで、こちらで1オーダーすればソフトクリームを持ち込んで食べてもいいとのことでした。

蜷尾家甘味處で休憩した後、次に向かったのが「夕遊出張所」。
こちらは365色の塩グッズが買えるお店とのことなのですが、イラストマップとかで見ると安平樹屋のすぐ隣に位置してます。近くにタクシーもないし、とりあえず歩きだしてみると…

徒歩10分以内の私なら楽勝な距離なのですが、とにかく日差しが強烈で暑いのと日影が全くないのと本当にこの道合ってるの?って不安な気持ちで歩いたので、恐ろしく遠く感じました。

で、ちょっと遠回りして夕遊出張所に無事着きました^^;
夕遊出張所は、日本統治時代、塩の専売制度が作られ、そのお役所の安平支局だった建物だそうです。
今は塩のお土産物を売ってたり、休憩スペースになってます。

夕遊出張所

ここに365日分の違う色の塩が売ってて、自分の誕生日カラーの塩グッズを持ってると魔除けや精神の浄化作用があるとかないとかで人気とのことで私も買ってみました^^;

夕遊出張所

せっかく安平に来たし、昨日食べた豆花がすこぶる美味しかったので、ここは安平豆花まで足を延ばそうということになりました。
しかーし、炎天下の夕遊出張所の前にはタクシーが1台もおらず、またしても日影のない道をとぼとぼ安平豆花まで約10分歩きました^^;

さすが台湾でも有名な同記安平豆花。とても賑わってました!

安平豆花

そしてオーダーした小豆・ミルク入り豆花とレモン味豆花がこれ!

安平豆花

この豆花、いままで食べた豆花の中で一番美味しかった!!!
もしこの後、昼食の予定を入れてなければ、各自もう1杯ずつお代わりしたいぐらい!
個人的には騒豆花や古早味豆花より美味しかったと思いました。

特にシンプルなレモン味豆花(檸檬豆花)は酸味と甘みのバランスが絶妙なシロップが、強烈な日差しの中を歩いてきた私達の身体中に一気に染みわたりました。豆花自体もプルプルで変なエグ味や豆腐臭さがなく、スルスルと喉を通り抜けていきました。

台南の豆花、また絶対食べに来たい味です!

この後、昼食に向かうのですが、それはまた別記事にしますね。

昼食後、一旦ホテルへタクシーで戻り休憩しました。で、休憩後、向かったのが、友人たちが滞在しているホテルの対面にある2015年12月にオープンした「藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park」。
ここは日本統治時代の司法局だかの官舎をリノベーションし、文化とアートの発信基地にしたスポットだそうです。

エリア内は車やバイクは入れず、そぞろ歩きしながら壁面アートを見たり、ストリートパフォーマンスを楽しんだり、メインドイン台南を売るショップでお買い物したりできます。

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

多分この青い子↓がこのパークのゆるキャラ。

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park

写真には写ってませんが、この日は日曜日だったので、観光客に加えて地元の人も沢山いて、大変賑わってました。

その後、林百貨にタクシーで向かいました。
林百貨の店内をうろついている間にちょっと夏バテ気味になってきまして、写真は撮れませんでした^^;

林百貨のあとは先日に予約した阿霞飯店での夕食です。
林百貨から阿霞飯店は歩ける距離だったので、タクシー拾うのも大変なので歩いていきました。
下記写真は林百貨の対面にあるビルだと思うのですが、すごい重厚感あふれるビルですよね~

台南市内

阿霞飯店についても別記事にします!

以上、スタッフZがお届けしました。

■ 安平樹屋
台南市安平區古堡街108號
TEL:06-3913901
営業時間:8:30-17:30
入場料:大人50元
公式サイト

■ 夕遊出張所
台南市安平區安平路古堡街196號
TEL:06-3911088
営業時間:休日10:00-20:00 / 平日11:00-19:00、無休
旅々台北紹介ページ

■ 同記安平豆花
台南市安平區安北路433號
TEL:06-3915385
営業時間:9:00-23:00
台北ナビ紹介記事

■ 藍晒圖文創園區 Blueprint Culture & Creative Park
台南市南區西門路一段689巷
TEL:06-2227195
営業時間は各店舗で異なる。
公式Facebook

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter