台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

シーラカンス(?)柄の茶漉し付きマグで運気アップ!  

※ 2012年2月現在、本商品は販売しておりません。あしからずご了承くださいませ。

こんにちは!スタッフZです。

今日は久しぶりに茶器のニューアイテムをご紹介します。
といっても、写真がちょっとイケてないのですが…

台湾建窯製・魚藻紋マグカップ 

シーラカンス(?)柄の茶漉し付きマグカップです。

実はこのお魚、シーラカンスではありません。
鯖(アオウオ)、鯰(ナマズ)、鯉(コイ)、鱖(ケツギョ、「桂魚」とも)の4種類の魚が描かれています。
これらはすべて淡水魚ですが、周囲がすべて海に囲まれた日本とは異なり、中国で魚料理といえば「淡水魚」の料理を指しますので、これらは中国の食卓ではとてもポピュラーなお魚たちです。

で、このポピュラーなお魚たちを黄金色の池の中に蓮の花と水草とともに描くことで、「富貴有餘」、「年年有餘」というおめでたい意味を表しています。

「餘」と「魚」が同じ音であることから、「魚」が「餘」(余り)、つまり「余裕」を表し、この「富貴有餘」、「年年有餘」という4字熟語は、「年ごとに良くなる」「益々良くなる」のいう意味で年始の挨拶などに用いられます。

余談ですが、サバは中国語では「青花魚」、「鮎」という漢字は中国では「ナマズ」を意味するそうです。料理オーダーする時、要注意ですね!

日本人の私から見るとシーラカンスかナポレオンフィッシュにしか見えないんですけど、こんな形のお魚が中国の黄河や揚子江では泳いでるんでしょうかねぇ。

めでたい開運グッズ好きの方、オフィスで台湾茶飲むときにこのおめでたいマグカップはいかがですか?

台湾建窯製・魚藻紋マグカップ 

■ 台湾建窯製・魚藻紋マグカップ 980元, 茶缶 650元
関連記事

category: 商品紹介―茶器

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/142-1b73158b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter