台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

コミックエッセイで中国語の日本料理用語を学ぼう  

以前、「コミックエッセイでゆるい中国語を学ぼう!」と提唱したスタッフZですが、今回は「『築地美食吃透透』で日本料理の中国語を学ぼう」というご提案です。

香港行き飛行機のトランジットで立ち寄った台北桃園空港内で、高木なおこさんの本を買おうと思って本屋へ行ったところ、もっともお客さんの目に留まる店頭の角に積まれていたのがこの本、思わず荷物になるのをいとわず買ってしまいました!

『築地美食吃透透』
OZAWA YUKI&渡邊 博光 著/張 秀慧訳/東販出版 
築地美食吃透透

実はスタッフZは築地のそばに住んでいるので、1か月に1回(土曜日)は築地に買い出し&昼食に行っております。

ここ数年、海外(特に中華圏)からの観光客の方が大勢いらしてるのは実感しておりましたが、場内のマグロのセリとか見るだけではなく、場内の食堂や寿司屋でも数多く見かけたのは、この本をはじめ、けっこうニッチなガイドブックが出版されているからなんですね。

そして、私も早速機内で内容をチェックしてみたんですが、お店の情報はわかるけど、お料理の名前、とくにお魚の中国語がわからな~い。

『紅燒喜知次魚』って何だと思います?
『紅燒』は醤油味の煮付け系だから、キスの煮付け???

ということで、帰国後、本家を購入してしまいました。

「築地あるき」
オザワ ユキ / 渡邊博光 著
公式サイト:ユキとヒロミツの築地あるき(動画でおススメ店を紹介) 
築地あるき

『紅燒喜知次魚』は「キンキの煮付け」でした。

その他、『鬼石狗公』が「オニカサゴ」、『虎魚』が「オコゼ」、『鶏魚』が「イサキ」で、『牛尾魚』が「コチ」か…(と思ってたら、オニカサゴ以外は、日本語の漢字も同様だそう…勉強不足でした、トホホ)

こちらのコミックエッセイはご夫婦の会話+お店の方との会話中心なので、男性が真似しても大丈夫です!
築地美食吃透透

ということで、中国語学習者のみなさん、次回台湾に行かれる際は、本屋さんでこんな翻訳ものもチェックしてみてくださ~い!

築地あるき築地あるき
(2009/11/13)
おざわ ゆき渡邊 博光

商品詳細を見る


スタッフZ

茶濾し付きエコボトルモニター募集本日締め切りです!ご応募はお早めに!
関連記事

category: その他

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/161-e15c5893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter