台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

台湾の意外なお土産その1-ALWAYSのダークチョコレート  

ご無沙汰してます、スタッフZです!
最近日本の仕事が忙しくて更新できずに不好意思!

さて、今日はちょっと意外な台湾土産シリーズ第1弾として、
ALWAYSのダークチョコレートをご紹介します!

実はスタッフZ、お菓子の中でチョコレートが一番好きなんです!
しかし、チョコレートだったらなんでもいいわけではなく、
私なりのこだわりがあるんです。

例えば、ホワイトチョコレート全般は嫌いだし、中にマジパンの入っているのもダメ、
ハーシーのチョコなんかも味が苦手です。

好きなチョコと言えば、明治かロッテのアーモンドチョコレートです。
(他にも六花亭のマンス・ショコラとか、挙げたらきりないですが…)

日本のチョコは大衆的な値段でも美味しいので助かります。

で、アジアでお土産にチョコを買おうと思ったら、
やっぱりペニンシュラとかの高級ホテルのチョコならいいけど、
ローカルの方が食べるようなチョコは多分イマイチだろうな~
と漠然と思ってました。

事実、10年前に中国にいた時、現地の友人からもらうチョコは、
チョコとは言いながらチョコとは思えない代物が多く、
自分で買う場合は必ずDOVEなどの外国メーカーのチョコを買ってました。

ところが、昨年12月、友人が台北のコンビニで、
大量の菓子を大人買いした時に求めたチョコレートが美味しかったというので、
2月に行った時にそのブランド(ALWAYS)のものをいろいろ買ってみました。

その中で私的に美味しかったのが、80%カカオのダークチョコレートです。

ALWAYSのダークチョコレート

ALWAYSのダークチョコレート

パッケージに堂々と「産地限定」「象牙海岸」と書いてあり、
こだわりのほどがうかがえます。(漢字だからわかりやすい!)
裏には、「チョコレートの黄金比率はALWAYSにしかない」とまで!
すごい自信です!

ちなみに、
チョコレートの中国語は「巧克力」、カカオの中国語は、「可可」
です。

ALWAYSのダークチョコレート

成分表示を見ると、動物性脂肪(乳脂肪)が一切入ってないので、
ヴィーガン向けというカテゴリー(純素)になってます。

中味は個別包装になってて12枚入りなのですが、
外箱が開けにくいのが玉にキズ、やはり日本製のチョコは素晴らしい!

ALWAYSのダークチョコレート

ALWAYSのダークチョコレート

そして、肝心のお味なのですが、口に入れると滑らかな口どけ、
甘さは控えめですが、カカオのコクがじんわりと広がります。

ダークチョコにありがちな酸味が少なく、また粉っぽくもないので、
単独で食べてもOKですが、炭焙煎の凍頂烏龍茶とよく合います。

1枚でけっこう満足感があるけど、わずか30キロカロリーなのも嬉しい!

1個50元(約150円)は、台湾の物価から考えたらちょっと高いけど、
バラマキよりもちょっとスペシャルなお土産としていかがでしょう?

スタッフZ

■ 歐維氏 80%巧克力(ALWAYS 80% DARK CHOCOLATE)
定価:50元
メーカー:宏亞食品股份有限公司 公式サイト
80%ダークチョコレートの商品ページ
※ コンビニ、スーパーなどで入手できます。

PS この会社で出している別ブランドのヌガーチョコのコマーシャル、
なかなか面白いので見てみてください!


≪大体の意味≫
女性店長「おにいさん、そんなにしょっちゅう(このコンビニに)来るのは私に会いたいから?」
女性店員「店長、それは誤解です。(若者にむかって)私の電話番号知りたいんでしょ?」
老人「あんた、眼科に行った方がいいよ、ハハハ」
Σ(×_×;)Σ(×_×;)Σ(×_×;)
若者「これ、食べ終わるとまた食べたくなっちゃうから、何度も来るんだ」
「おじさん、接骨医に行かなくていいの?」
老人「結構だ!!!」
関連記事

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/263-a83e2993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter