台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

これから台湾行くなら果物三昧を!  

こんにちは、スタッフZです。
台風が近づいているせいか変な天気ですね。

さて、この前の台湾行は4月下旬だったので、
まだマンゴーの季節には早かったのです。

そこで王店長に「旬」のくだものを尋ねたら、
蓮霧(読み:リエンウー、日本名:レンブ)」がとのことで、
フルーツ屋台で買ってみました!

台湾カットフルーツ屋台

ここは3パックで100元なので、
蓮霧」と一緒に、「釈迦頭」と「芭樂(グアバ)」を買いました。

▼ 蓮霧(読み:リエンウー、日本名:レンブ)
蓮霧

▼ 釈迦頭
釈迦頭

▼ 芭樂(グアバ)
芭樂(グアバ)

「芭樂(グアバ)」を選ぶと、店の人に何か言われます。
十中八九、「酸梅粉(読み:スアンメイフェン、又は梅粉)はいるか」と
聞いているはずです。

酸梅粉

酸梅粉はフルーツにかける調味料で、
梅と砂糖と塩が原料のようです。
「芭樂(グアバ)」と抜群の相性なので、
ここは「(読み:ヤオ)!」と言っておきましょう。

お支払いが終わったら、あとは食べるだけです。
屋台のまわりの適当なイスに座って食べてもいいし、
歩き食べもOKです。

ただ、釈迦頭の種や竹串などは、食べ終わったら、
ちゃんと夜市のゴミ集積場に捨てててくださいね。

蓮霧は以前シンガポールで食べたことがあったのですが、
あんまり美味しいという印象はなかったのですが…

旬だからか、爽やかな甘さと酸味!
シャクシャクとした歯触り!
日本の果物にはない味と歯ざわりです!

蓮霧

釈迦頭はくせのない濃厚な甘さ、
甘い柿のようですが、若干の酸味が効いてて、
柿の苦手な私も大好きな味です。

以前、カットしていないものを買ったことがあったのですが、
それは食べるのが面倒だったので、カットしてある方が便利。

釈迦頭

グアバはまだちょっと早いので硬くて味も薄かったのですが、
グアバ独特の香りが大好きなのです。
酸梅粉をかけて、スナック感覚でガシガシ食べました!

芭樂(グアバ)

それから衛生面ですが、私は基本的に丈夫なので、
この手のカットフルーツを食べてお腹を壊したことはないけれど、
お腹の丈夫でない方、疲れている方は、
スーパーなどで買ったものを食べた方が無難でしょう。

また、丈夫な方でも暑い時期は買ったあと持ち歩かず、
すぐ食べてくださいね。

とにかくこれからはライチマンゴーなど、
台湾の果物が美味しくなる時期です!

日本で買えば超高級品ですので、
台湾に行ったら是非満足するまで食べてくださいね!

スタッフZ

PS この店はサンルート台北から歩いて約5分、
雙城街夜市内の果物屋台「長金鮮果」です。
カットフルーツは3盒(パック)100元で、
果物の価格によってパックの大きさが微妙に異なります。
台北のカットフルーツ屋台

PS2 7月上旬まで羽田発着ツアーが結構安い!
特に平日出発なら3万円以内で3泊4日できちゃう。
9月は結構お高いので、台湾行くなら今がおススメ!
≫ トラベルコちゃん 6月出発・羽田発着台北ツアー一覧
関連記事

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/283-40b6bcf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter