台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

W台北 2801号室潜入ルポ!  

こんにちは、スタッフZです。

今回の台北滞在では私は諸般の事情により、とあるゲストハウス滞在にしましたが、
もちろん自腹で応援に来てくれた友人二人は昨年のル・メリディアン台北に続き、
今回も台北マラソンのスタート&ゴール地点に近い信義区のホテル「W 台北」を選んでくれました!
(ありがとーー、Mちゃん、Kちゃん!)

ということで、今回も「人ふん相撲※」記事でございます。
(※ 「人のふんどしで相撲ととる記事」の略です^^;)

W台北はどこもスタイリッシュでご紹介したいところ山盛りなので、
今回は特に友人が泊まった部屋に限定してご紹介します!

友人が泊まったのは28階の角部屋2801号室です。

まず、エレベーターホールから…

W台北

強烈なレッドの壁に浮き出るLEDのスクリーン!
映し出されるのは極彩色のフラワーベース!
降りた瞬間から、日常とは異なる別世界を楽しませてくれます!

そしてお部屋に入ると…

W台北

んまぁーーー、眺めが超良いではないですか!!!

客室の最上階がおそらく30階なので、
28階でも十分絶景が楽しめます!
(友人の一人は怖くて窓のそばに行けないと言ってましたが…)

そして、このベッド、キングサイズで寝心地良さそう!

W台北

でも、予約したのがファビュラス・ツインだったのでフロントに確認したところ、
ツインにすると10Fの部屋になってしまうそう!
(ちょっと早く12時にチェックインさせてもらったので空いてるのが10Fしかなかったみたい)

キングサイズでもベッドのスプリングの性能がよく隣に影響しなかったので、
掛け布団をもう1枚もらうことにして、そのまま2801号室に居座ることに!

しかも、窓際にはカウチみたいなお昼寝マットがあって、
私もここに泊めてもらえそうな快適さ!(実際には泊まりませんでしたけど…)

W台北

お部屋には随所にオシャレ度高しとうならせるポイントが目白押し!

特に目を見張ったのはバスルームと部屋の壁です!
大型の縦型ルーバーになってて、
バスタブに浸かりながら景色を眺められるんですよ!!!

W台北

W台北

ルーバーを閉じれば落ち着いた木目調の壁になります。

最近はバスルームがガラス張りのところは多いけど、
このルーバータイプは湯気で曇らないし、
室内の湿度が適度に保たれるという点ではいいアイデア!!!
(ただ、お子さんがバスタブで遊んじゃう時は要注意!)

それから、充電機能付iPod ドッキングステーションや、
DVDプレーヤー、BOSEのスピーカーがあるので、
今回は王力宏の新CD「火力全開」にどっぷり浸りました!
(私はずうずうしくも、完走後風呂・シャワーを使い昼寝までさせてもらいました^^;)

W台北

それからバスルームのアメニティは、
NYセレブに人気のSPAのblissのもの!
甘すぎないレモンの香りが私のマラソンで疲れた筋肉をほぐしてくれましたよ~

W台北

▼ 独立型のシャワーブース。トイレには最新式のウォシュレット。 
W台北

▼ 左は壁についてる鏡、三面鏡になってます。
  右はクローゼットの中、引き出しの中にセイフティボックスがあります。 
W台北

その他、随所にオシャレポイン満載なんですが、
あまりにも沢山あるので、詳細は台北ナビさんの紹介記事をご覧ください。

パブリックなスペースや最上階の中華レストランYENについては、
また別の機会にご紹介しますね。

以上、スタッフZでした!


■ W 台北 (W TAIPEI)
台北市忠孝東路5段10號
TEL:02-7703-8888
公式サイト(日本語):http://www.wtaipei.com/jp
≫ 台北ナビさんの紹介記事

MRT板南線市政府駅直結。下層階は統一阪急百貨で、1階に連絡通路あり。
1階にはコンシェルジェサービスがあり、フロントは10階になります。
タクシーの運転手さんはこのホテルを知らないケースが多々あるので、
住所を言うか、書いた物を見せるかにした方がいいです。
(ホテルカードの文字がグレーで小さいので老眼の運転手さんは良く見えないので注意!)
関連記事

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/368-d6f902e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter