台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

【番外篇】ソウル・北村のお薦めカフェ  

こんにちは、スタッフZです。

ご無沙汰してま~~~す。
ずっと更新できずにすみませんm(_ _)m
ちゃんと韓国から日本に戻っております。

さて、今回の韓国は中国留学時代の何人かの友人との再会の旅だったわけですが、
その中には本当に奇遇な縁としかいいようのない友人がいます。

その奇遇な縁とは、留学中の休みに広州から香港に遊びに行き、
ある事情で夜中の1時過ぎに宿探しをしていた時のことです。

魔窟のような重慶大厦(チョンキンマンション)の並びにある、
少しこぎれいな感じの美麗都大厦(ミラドマンション)のゲストハウスの
呼び込みの(まるで女衒のような)老婆に呼びとめられ、
「この辺じゃ空いているところはここだけ」と連れて行かれた13階だかのドミトリー。

暗い部屋に入った瞬間、目が慣れないから全く物は見えなかったけど、
強烈な体臭の多国籍軍に嗅覚が襲われ、
「ここには絶対泊まれましぇーーーん( ≧ヘ≦)」と涙ながらに訴えると、
「あんたが泊まるのはここじゃないから」とその部屋の奥へ引きづりこまれ…


たどり着いたのは、なんとその部屋のベランダ!!!


ひぇえええーーーー!



なおかつびっくりなのは、そのベランダには先客が二人いて、
一人は3人がけのソファーみたいなのに寝てて、
もう一人はベランダに置いてある2段ベッドの上に寝てるんですって!


エーーーーーーーーっ!!!



そして、私は2段ベッドの下に寝ろって。



ガーーーーン_| ̄|○



ただ、もう夜中の1時過ぎだし、ドミの中より臭くないし、
他に選択肢はないので、200HKドルだかで泊まることにしました。

腹を決めた女に怖いものなしです。
パスポートを背中に巻きつけ、さあ横なろうかなぁーと思った瞬間、
「***」と私の名を呼ぶ声が…

なんと、2段ベッドの上段に寝ていたのは、
留学時代の同じ釜の飯を何度も食べた韓国人留学生のヴィクトリアだったのです!

彼女とは年齢が近いこともあり、シンパシーを感じていたのですが、
留学して2カ月経ったある日、私達にも一言もなく突然帰国してしまい、
それ以来音信不通だったのです。

(きゃーーーーーーーー!!!)

あまりの奇遇さに二人して大声を上げそうになりましたが、
ソファーに寝ているのは、よれよれの白人のおっさん風だったので、
声を呑みこみ、「詳しい話は夜が明けてから」と横になりました。

いやー、本当に世の中、偶然ってあるんですね~
もうびっくり仰天でございます。

さて前置きが長くなりましたが、
この奇遇な縁を持つヴィクトリアがソウルでBOOKS COOKSというカフェをオープンしたとのことで、
行ってきましたよ~

ソウル カフェ books cooks

こんな私なので香港での再会以来また音信不通で、
カフェをオープンしたことも、ソウルに行くまでは知りませんでした。
なので、予め連絡せず、時間があったら顔を出そう位に思っていたのです。

そして、そのカフェを訪ねてみて、超びっくり!

ソウル カフェ books cooks

ソウル カフェ books cooks

韓屋と呼ばれる韓国の伝統的な民家のスタイルを継承しつつも、
広々とした開放的なオープンキッチンには開閉式のルーフから陽光が差し込み、
なんともリラックスできる居心地のいい空間となっています。

その周囲には、センスよく飾られた可愛い陶磁器や、
世界中の料理本のコレクションが…

ソウル カフェ books cooks

ソウル カフェ books cooks

ソウル カフェ books cooks

特にティーカップは日本ではあまり見たことがないものばかりで、
思わず写真に収めてしまったほど!

その時は近所で韓定食のランチをいただいたばかりだったので、
ヴィクトリア自慢のレシピのチョコブラウニーは、
ほんの一口だけいただきましたが、
甘すぎないのにチョコの味がしっかりしてとっても美味しかったです。
その他、スコーンもお薦めだそうです。

北村は韓屋が数多く点在する観光スポットですが、坂が多いので疲れます。
これからの季節、涼しい風を感じながらお茶ができるオープンカフェスペースもありますので、
北村散策の際には是非訪れてみてください!

ソウル カフェ books cooks

▼ 笑顔がチャーミングなヴィクトリア!
ソウル カフェ books cooks

■ BOOKS COOKS
ソウル市鍾路区嘉會洞177-4
(地下鉄「安國」駅2番出口を出て、そのまま直進。3本目の路地を渡った左手の階段を上がったところ。
1個目の路地を渡ったところに観光案内所があります。)
TEL:02-743-4003
営業時間:11:00~21:00、旧正月・旧盆休み
公式サイト:http://blog.naver.com/bookscooks
≫ 韓国ポータルコネスト紹介ページ(地図付き)
≫ Hi Seoul(ソウル市観光協会サイト)紹介ページ

PS 集英社のエクラという雑誌の2009年6月号の別冊ソウルマップでも紹介されました!
ソウル カフェ books cooks

PS2 ここはトイレだそうですが…ステキです♪
ソウル カフェ books cooks
関連記事

category: 日記

thread: 韓国 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2012/05/12 12:59 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ@12/05/12 12:59さま、コメントありがとうございます!
貴ブログにお返事させていただきますね♪

スタッフZ #- | URL
2012/05/15 17:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/453-694f8bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter