台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

そして、2015年SIMロック解除義務化で台湾旅にメリットは?!  

こんばんは、スタッフZです。

昨日は、私はSIMフリーのEmobileのモバイルWi-Fiルーターと、
台湾のプリペイドSIMカードを使って、自分のスマホを使っていると、
お話ししましたね。
≫ 昨日の記事

私の場合はiphoneですが、
その「モバイルデータ通信」機能をOFFにし、Wi-Fi機能をONにすれば、
データ通信自体はWi-Fiルーター経由となり、
プリペイドSIMカードのチャージ費用さえ払えば使い放題になります。

ただ、LINE電話とかじゃなくて普通の電話の受発信に関しては、
キャリアは日本の会社なので、国際電話料金がかかります
なので、海外にいる間は、電話は極力とらないようにしています^^;

私は日本にいる時もスマホで電話することが滅多にないので、
日本との電話が使えなくても、さほど不自由さは感じません。
台湾専用の携帯を別に持っているので、台湾内での通話はそれを使用しています。)

が、来年(2015年)からSIMロック解除が義務化になるなら、
話は別です!

SIMロック解除については、まとめNaverさんが上手くまとめていただいているので、
そちら見てください。

 「SIMロック解除」“義務化”で盛り上がる メリットとデメリットとは? | まとめNaver

SIMロックが解除されれば、自分のiphoneに直接SIMカードを差し込むことができます。
つまりWi-Fiルーターを別に持たなくてよくなるので、荷物が軽くなります^^;
しかも私の場合、台湾用携帯を別に持たなくて済むのでさらに軽量化になり、
「SIMロック解除」大歓迎なんです!
(本体だけじゃなく、充電用のコードもなくなるので、本当に軽くなります!)

ただ、今まで3台の通信機器を通じて使っていた機能を1台にするのですから、
その分消費電力は多くなりますので、大容量充電池は必携になります。

また、通話とデータ通信ができるSIMカード1枚あればいいので、
チャージする時の料金の無駄もなくなります。
(今は、通話のみのSIMカードと、通話とデータ通信ができるSIMカードの2枚を持っていて、
両方ともチャージしています。)

ということで、頻繁に台湾に行かれる方は、こんな方法もいかがでしょう?

以上、スタッフZがお届けしました!

PS プリペイドSIMカードの購入やチャージを窓口でする時は、
かならずパスポートが必要なのでSIMカードを何人かで使いまわすのは難しいと思います。

PS2 日本のスマホに台湾のSIMカードを入れると、日本の携帯番号は電話が通じなくなります。
また、SIMカードの有効期限は半年とか1年程度なので注意が必要です。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

▼上2個は台湾のプリペイドSIM、下左がシンガポールのもの、下右が中国のもの(⇒紹介記事)。
fc2blog_20141205001604bcd.jpg
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/680-ffed7ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter