台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

台湾の新携帯会社「台湾之星」が桃園空港でプリペイドSIMを販売開始!  

こんばんは、スタッフZです。

さて、ニュースサイトを見てましたら、
こんなニュースを発見!

≫ 台湾の新しい携帯電話会社「台湾之星」が台湾桃園国際空港でプリペイドSIMカードを販売開始!さっそく購入して試してみた【レポート】(エスマックス)

SMロックのスマホやiphoneが席巻している日本にあって、
SIMフリーの概念はなかなか理解しずらいんですが、
簡単にまとめると…

SIMフリーのスマホは、中にminiSDカードみたいなチップ(SIMカード)が入っていて、
それがその国の中での電話番号などの情報を管理しています。

なので、別の国に行ったら、その国の通信会社のSIMカードだけを買って、
自分のスマホのSIMカードと入れ替えれば、通話やデータ通信などができるのです。

ただ日本の場合、ほとんどがSIMロックといってSIMカードを入れ替えられないスマホなので、
海外に行く場合、データローミングという通信サービスを使って通信するか、
wifiルーターというものを利用して通信するしかありませんでした。

データローミングの場合、費用がバカ高くなります。
また、wifiルーターの場合、通話ができない事と、
wifiルーター(と充電器など)を同時に持ち歩く事が面倒でした。

ところが昨年よりSIMフリーのiphoneが、
Appleストアなどで入手可能になりました!

私は今某キャリアのiphoneを使ってますが、
もうすぐ2年の契約満了です。
SIMフリーのiphoneに変えれば、
台湾へ行くときはとっても便利になるので、
次の契約をどうしようか検討中のところでした。

そんな矢先に上記ニュースです!
わー、どうしよう?

ただ、ニュースの中身を見ると通信状態はあんまりよくなさそうです。
私自身は中華電信のプリペイドSIMをすでに持っているので、
わざわざ乗り換える必要はないかなぁ~って感じです。

これからプリペイドSIMカードを購入しようと思っている方には、
選択肢の一つになるかもしれませんね。

以上、スタッフZの独り言でした!

PS SIMフリーのiphoneを買うメリットとデメリットは、
下記のページを参照しました。
SIMフリーiPhoneで泡を吹いたひとリスト。そしてmvnoデビューすれば最強。(ふじさわブログ)

PS2 中華電信のプリペイドSIMカードを利用した時の過去記事はこちら

PS3 中華電信のプリペイドSIMカードの価格は下記英語ページを参照ください。
http://www.emome.net/channel?chid=254

fc2blog_20141203233157302.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。

▼2015年4月3日追記▼
読者のkyon2さまよりコメントいただきまして調べたところ、
亞太電信という会社が同じくプリペイドSIMを販売しておりまして、
しかもデータ通信料無制限でLTEの高速通信とのことです!

ただ、亞太電信の公式サイトをいろいろ調べたのですが、
このタイプのサービスの説明ページが見つかりませんでした^^;

下記のITMediaの記事が各社の比較もあってわかりやすいかと思いますので、
ご紹介しますね。

海外プリペイドSIM導入マニュアル――プリペイドでLTE利用が開始「台湾2015年」編 (1/2)(ITMedia)

通信関連情報は今後めまぐるしく変化すると思います。
なので、プリペイドSIMご購入予定の方は、
出かける前に最新情報をチェックくださいませ~~~
関連記事

category: 台湾観光

tb: 0   cm: 2

コメント

LTE対応の亞太電信が現在は一押し

桃園空港第二ターミナル入国審査場フロアに限りますが
台湾之星の隣りに、亞太電信がブースを構えて
LTEが無制限で利用可能な日額制プリペイドSIMの販売を
開始したそうです。
4日間プラン:250元~30日プラン:1,500元まで各種。
★データ通信のみで音声通話非対応
★追加チャージは不可
というデメリットはありますが、それでOKなヘビー・ネット・ユーザ
にとっては最強プランと言って良いでしょう。
台湾大哥大や遠傳のLTEプリペイドSIMは通信量制の
価格体系になっていますから。

ただしLTE回線網はBand28を中心(サブとしてBand3)
として建設中ですから、Band28に対応したスマホでないと
その価値を発揮できません。
現時点では日本での流通機種では数少ないBand28対応機
のひとつが[iPhone6]ですから、買い換えを考えておられる
台湾リピーターには、SIMフリー版iPhone6は今はBEST機種
かもしれません。

もっとも日本でもBand28のLTE回線網整備が予定されていますし
総務省通達によって5月以降のキャリア販売機種SIMフリー化も
見込まれていますから、各社から夏モデルが発表されるまで待つ
方が良いかも。

kyon2 #qia2flSs | URL
2015/03/31 21:03 | edit

Re: LTE対応の亞太電信が現在は一押し

kyon2さま、いつもディープな情報ありがとうございます♪

通信系情報があまり詳しくないスタッフZにとっては、
神様からのお助けのようです。

今後ともご指導ご鞭撻、何卒よろしくお願いしますm(__)m

スタッフZ #- | URL
2015/04/03 01:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/785-e9ed866c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter