台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

台北弾丸旅レポ(11) 初体験の粥火鍋は優しい味でまったり(≧∇≦)  

今晩は、スタッフZです。

遅ればせながら、新年快樂(≧∇≦)
最近日本でも爆買の中国人観光客のおかげで、いつ春節かとかテレビで報道されるようになったから、中華文化ファンの私としては嬉しい限りです。

さて、台北に着いた日、朝から豆漿、精力湯、小籠包と立て続けに食べた私、午後2時頃にはすっかり眠くなり、一旦ホテルに戻り、昼寝しました。

で、夕食は台湾人友人の提案で粥火鍋に行くことにしました(^o^)/
最初、粥火鍋に行こうって言われた時、どんな料理か全然想像つかなかったんですが、台湾人ブログを見ると評判はなかなかのようなので、期待しつつ昼寝しました(^^;;
お店の名前は十二籃粥火鍋です。店舗が2店あり、私達は市政府駅に近い逸仙店に行きました。



清潔な明るい店内、他のお客さんは皆さん鍋っぽいの食べてます。



1階は満席でしたが、予約した席は地下1階だったので、階下に降りました。

で、こちらのメニューはあんまり種類がなくて、粥火鍋かお粥か蟹の土鍋煮込みか海老料理かって感じです。私達は3人だったので超值生猛海陸粥火鍋套餐という定番セットメニューの蟹を大きなものに変え(二人分1980元)に一人分追加(100元)を頼みました。(お肉は牛、豚、羊から選べます。)

最初に鍋のスープが来たんですが…



これ、日本で言う重湯っぽいすごーく薄いお粥の塩味スープなんです。重湯って昔赤ちゃんに母乳代わりに飲ませてたくらいだからきっと栄養あるんでしょうね。こんな鍋、日本にないですよね~~~

最初に海鮮具材がやってきます。
見るからにとっても新鮮!テンション上がります!



で、ここは食べ放題鍋ではないので、決まった分量の食材がテーブルに運ばれてきます。
そう、入店した時火鍋屋なのに静かだな~と思ったのは、みんな座ってたからなんです。台湾の火鍋屋さんの多くは「吃到飽」という食べ放題方式をとっている店が多いのですが、ここはそうではないので、入店時ちょっと違和感があったんです。

で、ここの店は基本的に店員さんがすべて仕切ってくれるので、お客さんは店員さんが掬ってくれた具を食べるだけなんです。あ、だけど、タレは自分で取りに行きます。私は今回、醤油と酢と青ネギという日本のポン酢っぽいタレにしてみました。



蟹投入後。うわー美味しそう!!!



以下、煮えて取り出された蟹君。食べてみるとあっさりした粥スープで煮た蟹君は素材の味が生きてて美味しい!!!ポン酢正解です!



で、この後、エビ君、トコブシ君など海鮮や、牛肉君がどんどん来たんですが、なにせ食べるのが忙しく写真無しです。
ふと気づいたら、沢山のキノコ君に変わってました。これもまた美味しかった!



で、野菜君も投入され具材を一通り食べると、最後に雑炊になるんですが、これがまた変わってて雑穀入りのお粥を鍋に投入して、卵を溶き入れる雑炊なんです。(投入前の雑穀入りのお粥の写真、撮り忘れた^^;)



ということで火鍋は終了(食べるのに忙しく大分端折りました^^;)。
次にデザートですが、なんとここではグイリンガオが出たんです。
グイリンガオってなんだろ?と思った方、漢字は「龜苓膏」、つまり亀ゼリーです。



私は中国留学時代に結構食べてたので苦みとかにも全然抵抗ないのですが、台湾でも亀ゼリー食べるとは初めて知りました。お味は香港の共和堂の亀ゼリーに比べたら全然苦くなく食べやすいです。

ということで、海鮮鍋が食べたいけど、辛い火鍋が苦手な方とか、途中で具材を取りに行ったり、鍋の面倒を見るのが嫌な方にはとってもお勧めのお店です。

以上、スタッフZがお届けしました。

十二籃 粥火鍋 逸仙店
台北市信義區逸仙路50巷28號
TEL:02-2345-5330
営業時間:11:30~22:00、月休
公式サイト:http://www.12basket.tw/

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: 台湾の食

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/892-f855134c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter