台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

金門島二泊三日の旅10 金門島の守護神「風獅爺」はフォトジェニック!?  

こんにちは、スタッフZです。

金門島でもう一つご報告するのを忘れていたことがありました!
それは、金門島随所に点在する金門島名物「風獅爺」です!

風獅爺は、石獅爺、石獅公とも呼ばれ、中国福建省南部、広東省東部、台湾、沖縄の各地において、邪気や自然災害から村や人々を守るために、建物の屋根や壁、村落の風上などに設置された民間信仰の守護神とのことです。
Wikipedia中文版を意訳しております。)

金門島では10月から翌年3月までの半年間も東北からの強風が吹くため、甚大な風害とならないよう村落の高台や周囲等に建てられた風獅爺は、表情や意匠の違いなどが興味深く、今では金門島有数の観光スポットになっています。

以下、私達が回った風獅爺の写真ですが、それぞれどこの場所で撮ったかは聞かないでくださいね。(すっかり忘れました^^;)

IMG_1884_20170602.jpg

IMG_1901_20170602.jpg

IMG_1957_20170602.jpg

IMG_1736_20170602.jpg

IMG_1702_20170602.jpg

IMG_1705_20170602.jpg

IMG_1709_20170602.jpg

IMG_1470_20170602.jpg

風獅爺の特徴は、飛び出た丸い目、幅広の鼻、牙の飛び出た口だそうですが、上の写真、どれも共通してこの特徴を持ってますが、それぞれ微妙に違う表情でウケますよね^^;

ただ、上記はそれぞれそれなりに離れて立地していますので、風獅爺巡りをする場合はレンタバイクとかレンタカー、もしくは車をチャーターする必要があります。(観光協会で半日ツアーとか作ってくれればいいのに。)

以上、スタッフZがお届けしました!

PS 沖縄のシーサーも風獅爺の一種だそうですよ。でも、Wikipediaの風獅爺の中文版を日本語版に切り替えると、沖縄のシーサーの説明になってて、そうじゃなくて金門島の風獅爺の説明を日本語で読みたいのになぁと思ったスタッフZでした^^;

PS2 下記の動画では各地の風獅爺を日本語ナレーションと字幕で紹介しています。


≪その他の金門島の記事≫
金門島二泊三日の旅9 金門島での滞在は四合院形式のレトロ民宿!
金門島二泊三日の旅8 三日目の観光ポイント
金門島二泊三日の旅7 二日目夕食は金門島のもう一つの地元有名店!
金門島二泊三日の旅6 二日目の観光ポイント後半
金門島二泊三日の旅5 二日目の観光ポイント前半
金門島二泊三日の旅4 一日目夕食は激ウマの海鮮料理!
金門島二泊三日の旅3 一日目の観光ポイント
金門島二泊三日の旅2 ピーチエアのドタキャンで大わらわで金門島へ
金門島二泊三日の旅1 金門島ってどこ?

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/930-58317691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter