台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

三泊四日台南の旅2 台南ではレトロ洋館のリノベ民宿に宿泊!  

こんばんは、スタッフZです。

今回、台南では是非泊まりたかった宿がありました。
知人に紹介された「興居台南(the Vintage Maison Tainan)」という日本人が設計した洋館をリノベーションした民宿です。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

友人からはその名前だけ聞いていたので、台南行きが決まった時に真っ先にGoogle検索しました!

すると、このページにたどり着いて…
↓↓↓↓↓↓↓
「興居 台南 Vintage Mansion」- 台南に暮らしているかのような宿」(The little star dweller)

このページ見た瞬間、絶対泊まりたい!!!
と思った私。

ただ、よくよく読んでみると、「部屋のトイレがカーテンで仕切り」とか「シャワーブース」という記述があり、ちょっと考えてしまいました。

今回一緒に台南に行った友人の一人、Mちゃんは大の冷房好きで暑いのが大の苦手。そんな友人にこの部屋は絶対受け入れがたいと思った私、友人二人にはこの民宿からそう遠くない普通のホテルに滞在してもらい、私だけここに滞在することにしました。

結果的にはこの選択は大正解でした!

やっぱりカーテンの仕切りだけのトイレは数十年来の友人と言えども耐え難いのと、あと部屋の中は一応冷房があるのですが、共有スペースは冷房がないので、部屋を一歩出ると汗がどっと噴き出してしまったからです。特に6月中旬は日本はまだ暑さが本格化してないのに、台南はすこぶる暑く、身体がその暑さにまだ慣れてないので汗の量が半端なかったんだと思います。

最初の写真は、1階のロビースペースです。奥の明るいガラスの向こうが通りに面しています。この扉の前に衝立をおくインテリア、シンガポールのチャイナタウンでもよく見かけました。人目を避けつつも、風が通りやすい構造になっているんですね。

オーナー夫妻はもともとアンティークショップをやろうと思ってたそうで、随所にアンティーク家具やグッズがインテリアの一部や実用品として置かれています。(ただ、ここ台南ではアンティークショップだけでは商売にならないとのことで、民宿をしつつ、農業もやっているそうです。)

だから、オシャレな雰囲気なのね~~と感心したスタッフZです。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

ロビースペースの奥に中庭があります。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

このロビースペースから中庭に続くドアを開け放していれば、まだ風が通ったと思うのですが、ある事情があり、その扉は閉めておかなければいけません。

それはメッチャ可愛い看板猫、ジェイミーがいるから!

初日会ったばかりの時からとってもフレンドリーです!

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

夜帰って来た時のジェイミー。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

チェックアウトる直前のジェイミー。タイルの上が涼しいようです。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

本当はもっとゆっくりナデナデしたかったんですけど、とにかく中庭は暑くて…
写真撮るので精一杯でした^^;


で、くだんの部屋ですが、今回予約したダブルルームはこんな感じです。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

部屋中央にダブルベッドがあり、写真の右奥に水回り(シャワーブース、トイレ、洗面シンク)があります。
リネン類はとても清潔だし、アイアンのベッドもとってもオシャレ!

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

シャワーブース、カーテン仕切りのトイレは健在でした^^; ただ、清潔に手入れされてますので、衛生面の問題はないと思います。
夫婦なら大丈夫かなと思って、結婚してる友人に聞いたら、「夫婦でも絶対ありえない!」とのお答え^^; やっぱり文化の違いかもしれないですね~ 

話は逸れますが、私が中国留学している時に行った高級カラオケスナックのトイレが4畳半位のスペースに洋式便器が2つ並んで置いてあったんです。私、入った瞬間ぎょっとして立ち尽くしてたら、背後から従業員がやってきて、私が閉めようとする扉を無理やり開けようとしながら「女同士だからいいじゃないのー」と言うんです。私の抵抗空しく入って来たので、私は一旦個室から出て彼女に譲りました。その時、扉のない公衆便所がある国の人の考え方って違うんだなぁーと思ったのですが、台湾にもそういう考え方あるのかしら?

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

ベッドの反対側にはアンティークのミシンとミニ冷蔵庫があります。ミシンはちょっとした物置としてつかわれてます。
冷蔵庫はチェックインした時に自分で電源入れてといわれました。

ミシンの上に窓があるのですが、これは2階の共有スペースに繋がる窓でして、つまり建物の外に繋がっている窓はこの部屋にはありません。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

これが2階の共有スペース。こちらもオシャレなアンティーク家具でそろえられています。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

2階の中庭を囲む回廊はとっても雰囲気あります。
私の大好きな台湾ドラマ「アニキに恋して」でも準主役のBii演じる青陽の住居に回廊があって、その建物にちょっと似てて嬉しくなりました。

ザ ヴィンテージ メゾン台南 (興居台南)

見事にリノベーションされた2階から3階へ上がる階段の手すり、フォトジェニックですね~
私が美人だったら是非写真撮ってもらいたかったです^^;

次回はもう少し涼しい時に来て、ジェイミーと存分に遊びたいと思います。

以上、スタッフZがお届けしました。

興居台南(シンジュウタイナン) the Vintage Maison Tainan
台南市中西區民權路二段305號
TEL: 0933-613-512
公式Facebook
※予約はHotel.comやExpediaでできます。
※オーナーさんが不在の場合もあるので、チェックイン時間を事前に伝える必要があります。チェックイン後は部屋の鍵と建物の入口の鍵を渡されます。夜10時過ぎると建物の入り口は施錠されるので開け方をちゃんと確認しましょう。
※民宿の前のアーケードに照明がなく、夜は非常に探しにくいので、暗くなってから着く時はよく道順を調べておきましょう。
※環境保護のため、外出する時はエアコンとファンは消してくださいとのことでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/932-497345f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter