台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

格安SIMにしたら、wifiルータのレンタルじゃなくて、プリペイドSIMを買うべし  

こんにちは、スタッフです。

さて、最近テレビのCMを見てると、IoTとか格安SIMとかのフレーズがよく出てきますよね。

IoTは、「Internet of Things」の略で、いわゆる「モノのインターネット」と訳され、簡単に言うと、家にいない時にエアコンや照明の操作をしたり、専用端末に話しかけるとCDの音楽を流すことができたりする仕組みのことです。

格安SIMとは、ドコモ・au・ソフトバンクの三大大手通信キャリアとの回線契約ではなく、楽天モバイルやmineo等と回線契約をして入手するSIMのことです。三大キャリアと比べて料金が格安なために「格安SIM」と呼ばれます。

私は2015年夏に格安SIMに切り替えたんですが、その当時はまだそれほど普及してなかったのですが、2017年9月の調査では1割強の方が格安SIMを利用されているそうですよ。(メイン利用のMVNOシェアは8.5%(昨年10月は5.8%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは12.4%に - MMD研究所

世の中の10人に一人以上が格安SIM利用者なんだ~と一人感慨に耽ったスタッフZでございます。

と、前置きがずいぶん長くなってすみません。

ここで再び台湾のプリペイドSIMについてご紹介したいと思います!

「再び」としたのは、2016年1月の記事ですでにご紹介しているからなんです。
プリペイドSIMの基本的な情報はその過去記事をご覧くださいませ~
→「台北弾丸旅レポ(6) 台北桃園空港でSIMフリーiPhone用のプリペイドSIM購入

今日ご紹介したいのは、レンタルwifiルータとの比較です。

今までは、台湾でも日本と同じようにスマホを使いたいと思っている方の大多数はwifiルータと呼ばれる通信端末をレンタルされていたと思います。下記のウェブサイトでは日本国内でレンタルできるwifiルータの料金やサービスを比較できます。

台湾で利用可能な海外用のレンタルWi-Fi 比較表

各社、若干の差はありますが、1日500~600円位でレンタルできるようですね。

IMG_5119.jpg

これが私が使っている中華電信のプリペイドSIMカード(のパッケージ)。

3日間で300元(1元=3.8円計算で1,140円)、1日約380円で利用できます。

この3日間用プリペイドカードは、3日間の無制限の4G LTEのデータ通信100元分の通話料が含まれます。

wifiルータと比べると料金的には2泊3日なら400円位の差なので大差ないかもしれませんが、その他のいろいろなメリットを考えるとプリペイドSIMに断然軍配が上がります。

簡単にメリットとデメリットを挙げると…

--------------

【メリット】
1、事前申し込み不要。台湾の空港(松山、桃園、台中、高雄)で申し込み(購入)できる。
2、wifiルータを充電する必要がない。
3、wifiルータの返却し忘れや紛失の恐れがない。
4、100元の通話料が含まれる。

【デメリット】
1、営業時間外に台湾の空港に着いた場合、手続きできない。
2、プランで決められた日数ではない場合、一日当たりの料金が高くなる。
3、日本の携帯番号にかかって来た電話が受けられない。

--------------

特に私が以前レンタルルータを使っている時に面倒だったのが充電!

スマホ以前はノートパソコンとカメラを持参していたので、夜はノートパソコンとカメラと携帯電話とwifiと途中充電用のモバイルバッテリーを充電しなければならず、そのためのコンセントの確保や忘れずに充電しなきゃという強迫観念に駆られていました。

今、SIMフリーiPhone +格安SIMになり、ネット検索などの調べものや写真撮影・友人との連絡はiPhone、通信は台湾ではプリペイドSIMになりました。荷物も少なくなったし、事前手続きや充電などに煩わされることがなくなり快適そのものです。

また、通話料100元分もいらないかなぁと思ったのですが、例えばレストランやマッサージなどの予約に使ったりもできますし、緊急時の連絡用にあって損はないと思います。

ということで、スタッフZ的には、現在格安SIM(つまりSIMフリースマホ)をご利用中の方なら、プリペイドSIMのご購入、大々々推薦です!

次回はプリペイドSIMのおまけネタです。

以上、スタッフZがお届けしました。

中華電信
3日間Data/Wi-Fiネット接続4Gデイ型プリペイドカード-3デイタイプ(日本語ページ)

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: SIM・通信・スマホ等

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは。

iPhoneをお使いですよね?
ご教示いただけるとありがたいのですが・・・

格安SIM(MVNO)を使っている場合、ネット接続設定には
「APN構成プロファイル」を使って強制的に書き換える
必要があると聞いています。

①中華電信SIMに差し替えたとき、APNは自動で中華電信用に書き換えられ、何もしなくて済むのでしょうか?

②帰国後、格安SIMに戻したときですが、このときも自動で書き戻され、何もしなくて済むのでしょうか?

kyon2 #qia2flSs | URL
2017/10/16 09:37 | edit

Re: kyon2さま

kyon2さま、コメントありがとうございます♪

そして、いつも痒いところに手が届くような的確な質問、ありがとうございますm(._.)m

ご質問の件ですが、あとでおまけ記事に詳しく書きますが、結論としてプロファイルの設定は日本の設定のままでOKです。

じゃあ、なんでネットに繋がるか・・・お恥ずかしながら、中華電信のスタッフに丸投げなのでよくわからないのです。彼女達は神技の速さで設定してくれます。

プロファイルはいじってないです。私はIIJmioのSIMですが、そのプロファイルはそのままになってます。

日本へ帰る時は機内で日本のSIMに入れ替えるだけで、何もする必要ないです。それで、日本に着いたらすぐに繋がりますので、ご安心を。

取り急ぎお返事申し上げます。

スタッフZ #- | URL
2017/10/17 00:27 | edit

ご教示ありがとうございます。

次の情報をネットで見つけましたので、気になって質問させていただいた次第です。
http://ushigyu.net/2016/05/12/overseas-sim-cannot-connect/

わたしは台湾で買ったAndroidスマホ(現在のものは三代目)を使っていますので関係無いといえば関係無いのですが、iPhoneユーザの知人から相談を受けましたので、さてどうなのか?と悩んだわけです。
上述の方のケースは特殊なのかもしれませんね。他の国では差し替えただけで使えたそうですし。

AndroidスマホはAPN情報を自分で変更する仕組みになっていますが、iPhoneは親切設計というか、アップル公式キャリア(日本でいえば大手三社)と契約する場合はAPN情報は(SIMの番号に基づいて)自動で書き込まれ、画面上で自分で変えることはできないようですね。
MVNOと契約する場合、このために変更時に1クッション工程が増えるということでしょうか。

これまで中華電信・台湾大哥大・遠傳と三社のSIMを使ってきました。
リピータの立場では、いちばん使い心地が悪かったのは、中華電信が空港等で販売(最近、成田と羽田でも買えるそうです)している日数制使い放題SIM。使い捨て方式で、訪台のたびに空港で買い換えなければいけませんので。
他の二社および中華電信が市内で販売しているSIMは、ネット上で追加チャージができますので、有効期限内にそれを繰り返せば買い換える必要がありません。
ただ空港で販売されている各社の日数制使い放題SIMは、外国人向け割引料金が適用されていますので、それを買う方がお得なことは間違いありません。追加チャージでも日数制使い放題契約は選べますが、短期契約ですと1日あたり100元の計算です。

kyon2 #qia2flSs | URL
2017/10/17 08:03 | edit

Re: kyon2さま

kyon2さま、コメントありがとうございます♪

そして、さらなる補足質問、ありがとうございます。

お友達のiPhone、それは歯痒い状態ですね^^;

私のiPhoneは大手キャリアからの変更ではなく、もともとSIMフリーのものをApple Shopで購入しました。
なので、大手キャリア→MVNOのAPNの書き換え云々については残念ながらよく分かりません。

私の場合、SIMフリーのiPnoneでIIJmioのSIMを使う時にはプロファイルを入れてみたいなのを最初に説明を受けて、そうしました。

そして、初めての海外でのSIM利用は、実は香港でした。

香港の空港で自分で設定しようと思い、教えていただいたBlogの方と同じように、私の場合は1時間以上も格闘し、最終的にIIJmioのプロファイルを削除することで、やっとネットに繋げることができました。また、日本に帰国したらSIMを変えるだけではなく再度IIJmioのプロファイルの再インストールが必要でした。

で、こんな事を2度体験した後、こんな面倒なはずはないと思い、香港か台湾か忘れてしまいましたが、通信会社のスタッフの方に設定からお願いしてみたのです。そうしたら、ものの3分位で設定は終わり、プロファイルはそのままで現地でもネットができたのです。その時は半信半疑で帰る時に不安だったのですが、機内でSIMを変えただけで日本に着いたらちゃんと繋がってました。

この辺、テクニカルに説明できなくて本当に申し訳ないのですが、私の言えることは、SIMフリーiPhoneの方なら問題ないということです。

そして、kyon2さまがおっしゃるように、andoroidの方は設定が必要になってくるんですね。勉強になりました。実はandoroid機をカメラ替わりに最近買いました。前回の台北の旅では、台湾SIMの入ってるiPhoneでテザリングして利用してましたが、今度機会があったらSIMを挿入して使ってみたいと思います。

ということで、今後ともよろしくお願いします!

スタッフZ #- | URL
2017/10/17 13:58 | edit

こんにちは。

調べた範囲では・・・
アップルストアで購入したSIMフリーiPhoneでも、三大キャリアで購入してからロック解除したiPhoneでも、iPhoneにおけるAPN設定と呼ばれるインターネット接続設定の原理はいっしょ。
日本ではdocomoと契約-台湾では中華電信のプリペイドSIMを使う、このようなアップル社が正規携帯会社として認定しているところだけを使う場合は、ユーザがAPN設定プロファイルを使うことはありませんから、SIMを差し替えるたびに正しくAPN設定が書き換えられることになります。
日本でIIJmioのようなMVNOを使っている場合のみ、ときによっては上述の自動書き換えの際に、ユーザが行ったAPN設定プロファイルの存在が問題になるということなのでしょう。

Andoroidスマホは自分でAPN設定を行うのが原則ですし、いくつでもAPN設定を追加できますので、SIMを差し替えるたびに使うAPN設定を選択し直しすればOKです。
余談ですが、台湾の空港免税店で買ったASUSのZenfoneには、中華電信など台湾の携帯会社用APN設定はもちろんのことですが、docomoやau、さらには日本のMVNO用のAPN設定まではじめから書き込まれていました。追加する必要がなくてありがたかったですが、ちょっと不思議に感じました。

なお、iPhoneは6以降のモデルは台湾携帯会社が使っているLTEの各Band全てに対応していますが、Android機の場合は、対応しているLTE・Bandを確認してから携帯会社を選ぶ方が良いかもしれません。繋がらないことはおそらく無いと思いますが、反応速度に差が出る可能性がありますので。
古い機種の場合、Band28に対応していないことが多いので、Band28で主たるサービスを行っている台湾大哥大・遠傳を選ぶと、予想より速度が出ないかも。
いちばん安心できるのは、やはり中華電信かな。Band3は日本でも使われているものですから。
【日本と台湾各社のLTE・Band】
https://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/43/90/40/src_43904083.jpg?1464767342

kyon2 #qia2flSs | URL
2017/10/17 17:43 | edit

Re: kyon2さま

kyon2さま、またまた詳細なコメント、ありがとうございます♪

andoroidでの設定方法、また通信会社の選び方など、大変参考になりました。

コメントいただいた件も含め、おまけ記事で補足させていただきます。

取り急ぎお礼申し上げます!!!

スタッフZ #- | URL
2017/10/18 16:32 | edit

追加記事、楽しみにしております。

余談ですが、こんな報道を見つけました。

http://www.ncc.gov.tw/chinese/news_detail.aspx?site_content_sn=8&sn_f=37661

日本人旅行者の場合、空港の携帯会社で購入する場合はこれまでもパスポートだけの提示でOKだったと思いますが、これは特例だったのかもしれません。
ただし今後、第二身分証明書提示規則が日本人にも厳格適用されたとしても、運転免許証などを忘れても搭乗券の半券で代用できるということですから、降りるときに捨てなければ大丈夫ということに。

また以前から、中華電信の旅行者向け計日制使い放題SIMは、日数が過ぎると無効になっていましたが、追加チャージで期限延長が可能だった他社の旅行者向けSIMも(未確認ですが)中華電信と同様の有効期限が適用されるものと思われます。

注:市内店舗でも買える、一般のプリペイドSIMには上述規則は適用されず、これまで通り「有効期限は180日、追加チャージするとその都度180日延長」。手持ちの中華電信と台湾大哥大SIMで、チャージして確かめました。

kyon2 #qia2flSs | URL
2017/10/18 18:59 | edit

Re: kyon2さま

kyo2さま、四度(よたび)のコメントありがとうございます♪

> 追加記事、楽しみにしております。

そんな大した記事を書けないので恐縮です…

でも、これまでのkyon2さまのコメントを皆さん読んで下されば、台湾でSIM購入なんて楽勝ですね(笑)

いただいたコメントの方が本文より充実してるって、やっぱり私って人のフンドシで相撲をとってます^^;

本当にいろいろありがとうございました♪

スタッフZ #- | URL
2017/10/18 22:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/953-9706e03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter