台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

中華電信のプリペイドSIMカードについてのおまけ情報  

こんばんは、スタッフZです。

さて、前回「格安SIMにしたら、wifiルータのレンタルじゃなくて、プリペイドSIMを買うべし」の記事を書いている時、ちょっと気になる点を発見してたので、それはおまけ記事にしようと思ってました。

その後、その記事に関して沢山の補足情報をkyon2さまがコメントとしてお寄せくださいました。

例えば、andoroid機の場合のAPN設定の件とか、スマホによって台湾のキャリアを選ぶべきとか等等、スマホと通信に関わるテクニカルな貴重な情報ばかりです。(詳細は前回記事のコメント欄をご参照いただければ幸いです。)

kyon2さま、この場をお借りいたしまして、御礼申し上げます。

で、私が書きたかったちょっと気になる点は、中華電信のウェブサイトの誤りと分かりにくい点の補足と、自分が最初にプリペイドSIMを使った時の体験談です。

◎ 中華電信の旅行者用プリペイドSIMのウェブサイトの誤りと分かりにくい点

(1) 誤りは商品写真が挿入間違え

7日タイプと10日タイプの写真が逆になってます。

20171019_1.jpg


(2) 分かりにくいのは購入場所の画像

どうやって売り場まで行けばいいのか、知ってる私にもちょっと分かりにくかったんです。
ので、到着ロビー(現地ガイドさんとかが待っている場所)からの徒歩ルートを紫の線で追加しました。

◆桃園空港第1ターミナル(2か所あります。)
20171019_0.jpg
※いつもはロビーへ出て右手の中華電信のカウンターで買ってましたが、台北駅行きのMRTに乗るなら、左側の通路奥にMRT駅(地下2階)へ下りエスカレータがあるので、そちらを利用したほうが便利かもしれません。

◆桃園空港第2ターミナル到着ロビー(出発ロビー階にもありますが、ここでは省略)
20171019_2.jpg

◆松山空港国際線ロビー
20171019_3.jpg

本来こうしたよそのウェブサイトをコピーして書き加えたりした画像を掲載するのは、いけないことなんですが、中華電信さま、お許しくださいm(__)m 修正されたら削除しますのでご一報を。

◎ 私のプリペイドSIM体験談

たいした体験談じゃないので、プリペイドSIM初心者じゃない方はスルーしてください^^;

以前にブログ内で書きましたが、私、SIMフリーのガラケーも持ってまして、その時は通話しかできない機種だったので台湾の方が普通に使うプリペイドSIMを利用してました。そちらは、kyon2さまのコメントにもあるように、ある一定の期間で追加チャージすればずっと同じ電話番号を保有できるものだったのですが、しばらく台湾へ行く機会がなかったのでそれは捨てました。

その後、SIMフリーiPhoneを購入し、「現地ではプリペイドSIMを思う存分使うぞ!」と意気揚々と向かったのは香港でした^^;

で、一番最初にプリペイドSIMを買った時は、SIMだけ購入して自分で設定しようと、香港の到着ロビーで格闘すること1時間超。(この時は事前情報で空港内セブンイレブンでプリペイドSIMを買いなさいみたいな記事を参考にしてたので自分で設定したんです。)

最終的には日本にいる時には必須の格安SIMのプロファイルというものが邪魔してて繋げないということがネット検索で分かり、それを削除して、ネットにつなぐことができました。

その後、日本に帰国しSIMを日本のものに差し替えてもネットにはつながらなかったので、空港のフリーwifiでプロファイルを再インストールし、ネットに繋がるようになりました。

その次の旅も同じように香港、今度はセブンじゃなくて空港内の中国移動(香港のキャリア)ショップでSIMだけ買って、プロファイルを削除し、現地で使用しました。帰国時、LCC利用だった私は急いで帰って出勤する必要があり、入国手続き後、バス停留所まで走りました。なので、すっかりプロファイルのこと、忘れてたんですね。家に帰り、そのまま出勤。遅刻はしませんでしたが、帰宅するまでネットはできないままでした^^; (会社にフリーwifi設備がなかったので)

この時ふと、こんな面倒なことをやらなきゃいけないのはおかしいと思ったんです!

で、その次から(それが台湾だったか、香港だったか忘れたんですが)、プリペイドSIMカードを販売している現地キャリアのスタッフに設定までお願いしました。

すると、スタッフは目にも留まらぬ速さで設定してくれました。
半信半疑の私はしばらくその場でネット検索したりして、ちゃんと繋がってるかを検証。
ちゃんと繋がってました!ヤッター!!!
(ちなみにプロファイルは何も変更されてなかったです。)

ということで、テクニカルなことが苦手な方、プリペイドSIM初心者の方は、
台湾と香港に限っては現地のキャリアスタッフにSIM設定までお願いしよう。
というのがスタッフZからのアドバイスです^^;

それから、kyon2さまのコメント内のパスポート以外に身分証明書が必要とのくだりがあったので、調べてみたら、本来は必要みたいですね。今回初めて知りました^^;

私が買ってるプリペイドSIMは旅行者用のもので、いつも古いSIMを渡して、新しいSIMを買ってるので、もしかしたら特段言われなかったのかもしれないです。なので、初めて購入される方は、運転免許証か健康保険証か住民カードを持っていった方が安全かもしれません。

また、帰りはキャリアのショップに立ち寄りませんから、SIMピン、忘れないようにしましょう。

あと、中華電信のウェブサイトでは予約をお勧めしてますが、私は予約したことはないです。(大体待ち時間は5~10分でした)
ただ、急いでいる方は予約してもいいかも。

以上、体験談です。おまけ記事ならではの、とりとめのなさ^^;

では、この辺で失礼します。おやすみなさい!

PS andorid機でのSIMの設定方法や通信キャリアの選び方などについて、kyon2さまが<前回記事内のコメント>で解説くださってますので、一歩踏み込んだ情報をお探しの方はそちらをご参照くださいませ~

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: SIM・通信・スマホ等

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/954-e3ac85c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter