台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

台北、永康街にある長順名茶の日本人スタッフによるブログです。台湾茶のおいしい飲み方から台湾のおしゃれなショップやグルメ情報までご紹介!鼎泰豊のすぐそばだから、番号待ちの間に立ち寄れます!

金門・台北の旅第2弾(2) 電動スクーターをレンタルしてみた  

こんばんは、スタッフZです。

私は金門島からはもう帰国しております。
なかなか現地でブログ書くのは難しいです^^;

さて、前記事の運転免許の翻訳申請の話につづき、現地での移動手段についてご報告です。

今回、現地に着くまではローカルバスや自転車という案も捨ててはいませんでした。
ただ、現地に着いて、宿泊先の立地と民宿オーナーの話を総合して、バイクを借りることにしました。

実は今回宿泊した施設は去年ガイドをしてくれた方がオープンした新しい民宿だったのです。
その場所がちょっと不便なところ(畑のど真中)にあり最寄りのバス停までも歩いて15分以上という立地なのです。

ということで、意を決して、レンタカー屋さんまで民宿オーナーの奥様とのバイク2人乗りで行きました。
(バイクの後ろに乗ったの、人生2回目^^;)

20171104_02.jpg

この看板、目印にしてたんですが、実際のレンタカー屋さんと同じ敷地にある中古車販売や修理の会社の看板です。

バイクをレンタルしたい旨を伝えると、運転免許証と訳文をチェックして、私の普通自動車の免許証だと電動スクーターしかレンタルできないといわれました。ただ、私としてはどっちでもいいので、それでお願いしました。

運転免許証と訳文の外、パスポートを見せて、書類を書いて、お支払すれば、手続き完了。

電動スクーターの24時間レンタル費用が150元で、3日間だと450元です。
(電動じゃないバイクだと200元だそう。)

20171104_06.jpg

ということで、人生初の運転開始でしたが、さすがにいきなり公道は怖いので、レンタカー屋さんの駐車場内を5周くらい回ってたら、途中で店員さんに外の方が車が少なくて危なくないから、外へ行けって言われて、しぶしぶ公道へ^^;

時速40キロの道路を10キロでタラタラと走ってみました。
この道(伯玉路)、有事の際は滑走路になるとかで結構広いので、車も私の横を掠るようなギリギリ走行せずに過ぎ去っていくのばかり。

とりあえず、電動スクーターのバッテリー交換機が沢山ある金城付近を目指しました。

金城の中心部に入ると車が結構増えてきて、しかもローカルバスとかも加わって、スリル満点!
とにかく右折か直進で30分ぐらい走って、疲れ切ってコーヒー屋さんで休憩しました。

20171104_03.jpg

ここで小一時間休憩して、その日のランチを食べるチェックしてみると…

意外にもこの休憩した場所と同じ通りの左100メートルくらい先みたいな感じ。

しかし、この道、一方通行なので、一度この道と平行に走る1本奥の通りまで行って左折し戻ってくることにしたんですが、左折に次ぐ左折で超緊張!!

初めてのバイク運転は緊張の連続でした^^;

そのランチの話はまたにしますね。

で、バッテリーの交換なのですが、この2種類の自動販売機みたいな機械で自分でやらなければならないです。

20171104_04.jpg

20171104_05.jpg

電動スクーターを借りる時にバッテリー交換用カードをくれるので、それをこの機械にかざすと古いバッテリーの回収と新しいバッテリーの供給が自動でされます。料金は不要で、何回交換してもいいです。

私は最終的には時速30キロくらいまで出せるようになり、1日に2回バッテリー交換をしましたが、速度と重量、ランプ使用の有無などで、バッテリーの持ちは違うそうです。

今回電動スクーターに乗った感想ですが、超緊張したけど、楽しかったです!
高粱畑の中を真っ直ぐに通る道路を風を切って走るのも爽快でした。

また、スクーターで小金門島にも行ったのですが、そちらを観光するにはバイクか自動車は必須という感じでした。(レンタサイクルもありますが。)

ただ、言葉の問題があるし、右側通行など交通規則も違うので、すべての人にお薦め出来る訳ではありません。(この記事が借りようとする方の参考になれば幸いです。)

以上、スタッフZがお届けしました。

PS ちなみに運転免許証はレンタル期間中、その会社が保管します。携帯するのは訳文だけでOKだそうです。
運転免許証はバイク返却とともに返してもらえます。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加しております。皆様の毎日1クリックがスタッフZの励みです。
関連記事

category: 台湾観光

thread: 台湾 - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

法律的には・・・

台湾で運転するときには
■パスポート
■日本の運転免許証
■免許証翻訳文書
この3点セットが必携となっています。

ただし、現実には乗り逃げ防止のために、パスポートか運転免許証を預かるバイクレンタル業者がほとんどらしいです。加害事故を起こしたらどうなるのか?その辺はグレーゾーン。

ガソリンエンジンのバイクは100cc~125ccがほとんどなので、自動二輪免許がないと、法律的には借りることができません。50ccのバイクなら合法。

また電動バイクは、その出力(馬力)によって、合法的に借りられるかどうかが決まります。中には免許不要な電動バイクも存在→電動アシスト自転車の高性能版という位置付けだそうです。

kyon2 #MWXOAwJ2 | URL
2017/11/16 00:17 | edit

Re: 法律的には・・・

kyon2さま、コメントありがとうございます♪

レスが遅くなり大変申し訳ございません。
そして、本文よりも充実した内容のコメント、本当にありがとうございます。

なるほど、そういうことでしたか!
今回行ったレンタバイクやさんにはガソリンエンジンの50㏄のバイクがなかったって訳ですね。
(あと、電動自転車もなかったみたいです。)

ということで、いつもありがとうございます!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

スタッフZ #- | URL
2017/11/26 22:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozancha.blog123.fc2.com/tb.php/959-b4a726da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

広告

ブログ村ランキング

Twitter